猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしさに包まれたなら
昨日の私のほんのつぶやきに、多くの方から励ましや
応援の言葉をいただき、本当にありがとうございました。

もともと現実の場面ではあまり弱音を吐かない頑固者で、
これまでも何かあればすべて一人で吸い込んできました。

人の悩み事は簡単に解決してあげられるのに、自分のこと
となるとからっきしダメな上、自分が辛いときはなぜか人に
頼ることができないおたんこなす。

ただ、こんなブラックホールにも飽和量はあるようで、
今回は容れ物の縁からサラサラと勝手にこぼれ出てしまい
ました。

ブログを書いた後も、あまりに刹那的な Twitter のようで
投稿することに少し躊躇したのですが、削除も面倒かと思い
そのままにしてしまいました。

その結果、思いがけず多くの方からコメントをいただいて心が
軽くなり、逆に削除などできないとても大切な1頁になりました。

教会のルーベンスを見ながら光の中に引き上げられていくネロと
パトラッシュのように私の周りには今、小さな天使たちが笛を
吹きながら飛んでいます。

(何だかよく分からなくてすみません)

このブログを始めて半年になりますが、互いのブログを訪れたこと
はあっても、顔はみたことのない多くの「友人」にやさしさをいただい
たように思います。

いろいろと解決しなければならない問題は山積していますが、
バッテリーは着々と充電中。

またいつものように毒を吐きまくることができるよう頑張ろう
と思います。

ありがとうございました!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。