猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨時のお洗濯
梅雨の季節は洗濯物が大変。

生活感のあるお話で恐縮だけど、昼間仕事をしている人間にとってこの洗濯物と、
平日お昼しか動けない銀行の用事はまさに目の上のたんこぶ。

銀行については腹の立つことばかりではあっても、相手のあることなので
変えられない。でも、お洗濯は自分の工夫次第で何とかなると色々とやってみて
はいるのだけど。

この時期の湿度との戦いは本当に深刻。

週に何度かシーツの洗濯をする私。他の人がどれくらいの頻度で替えているのか
知らない。私の場合は、自分の気持ち悪さに加えて、毎夜、しとねを共にする猫たちの
抜け毛が気になって何度も洗ってしまう。猫は座敷猫で外には一切出ない潔癖症ばか
り。好きなだけ汚す割には、汚くなると本人たちが具合悪くなるという身勝手な愛玩
動物たちだ。

猫を飼っている方はご存じかと思うけど、体からの抜け毛に加えて、猫のヘアー
ボールというのがある。グルーミングで体をきれいになめた後、毛玉を吐き出したり
するアレ。

お風呂と歯磨きを終えて、さぁ睡眠!と向かったシーツの真ん中に、吐き出された
ばかりの新鮮な毛玉がこんもりとしていると、一日の疲れが20倍ぐらいになって跳ね
返ってくるのね。

そんな時はそのまま洗濯機を回して干してから眠りにつく。

今日も帰ってきてから軽く掃除を済ませ、2階の洗濯物干し専用の部屋にシーツを
確認に行く。ここのところのお天気のせいか、猫のヘアボール攻撃が激しく、替えの
シーツがなくなってしまったのだ。

洗濯物は基本部屋干し。2年前の3月11日を境に、洗濯物は1度も外に干していない。
申し訳ないけどあの一件以来、この手の政府発表は一切信じられなくなってしまった。
先日の東海村の実験施設だって、事故後の発表が遅れたり3日間も換気扇回したりで
放射能ダダ漏れ。さんまの塩焼きじゃないんだから、もう少し何とかしてよと思って
しまう。

さらに最近は、はるか中国大陸から花粉や黄砂に交じってPM2.5まで飛んでくると
いう。自動車用語を翻訳する際、排気に関連して出てくるのがparticulate
matter。この頭文字がPMで、おおよそこんな専門用語がニュースにのるなどとは
考えてもみなかった。

2階に上がり恐る恐るシーツに手をのばすと、本日のシーツはまだ生っぽい感じ。
そのまま乾燥機に放り込んで就寝時間まで回すことにした。これであのビミョーな匂い
も安心。

上で翻訳と書いた後で、友人からの翻訳依頼を思い出す。先ほどメールをひらくと、
以前300頁ほどの翻訳をしてあげた友人から、また100頁超のホームページ翻訳の
依頼のメールが入っていた。

お金というよりは、翻訳技術を磨きたいがため自分の知人を中心に仕事を受けている。
あくまで会社が優先のため、平日夜と週末を使いながらできる範囲での分量と納期。

それでも100頁となると結構な時間がかかりそうで悩む。

今、世界で脚光を浴びている電力関連の会社のホームページ。こちらは先ほどの
放射能とは関係のない本当のクリーンエネルギーなので、心情的にも抵抗はない。
ただ、新しい技術翻訳に加えて用語の日本語定訳もなさそうな感じなので、一つ
ひとつを検索しながらの手作業で時間もかかりそう。

会社の仕事との兼ね合いもあり今回は断ろうかと思いつつ、「他に頼る当てもない
から」と言われると結局協力せざるを得ない。

本人はまたイタリア出張とやらで、おいしいパスタとワインの日々を送っていると
書いてある。こっちは蒸し暑い梅雨空の下、猫が汚したシーツを洗っていると
いうのに、まったくいい気なものだと思う。まあ、この前の出張時にはお土産を
貰ってしまったので無碍にお断りもできない。

そろそろ乾燥機の設定時間が終わる頃なのだけど、乾いていなかったらどうしよう。
今夜ヘアーボールがきたら本当にアウトだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。