猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな出会い
昨日の休日出勤を取り戻すべく寝だめを決め込んでいたにも関わらず、朝から
私の顔をピカピカになるまでなめる人がいる。そして一人去り、次は別の誰かが、シャク
シャクと髪の毛を噛んでいる。朝、鏡をのぞいて身に覚えのない皮膚のあかぎれなど
があれば、それは猫なりの愛情表現の結果。寝ている本人には伝わることのない猫の
一方的な愛情表現で、私の顔も髪も朝からボロボロである。

最初の二人を無視して寝たふりを続けていると、ものすごい怒声で鳴き叫ぶオス猫の
ヒステリーにとどめを刺され、とうとう飛び起きるはめになった。クリスマスキャロル
では、守銭奴と化したスクルージを改心させるため、三人の幽霊が訪れたけど、私の朝は
幽霊の代わりに飼い主の関心を引きたい三匹の猫の訪問で幕をあける。

休みの日くらいゆっくり寝かせて、というどこかで聞いたセリフ。世のパパたちは、
朝から子供たちの無慈悲なパンチやキックの応酬を受けて目覚めているのね。

部屋の掃除を済ませ、早く目を覚まさせてくれた猫たちにお礼のおやつをあげる。
「これから出かけるから喧嘩をしないで」などと、7匹の子ヤギのママのようなことを
言ってみるが、誰一人聞いちゃいない。どうせ私が外に出るやいなや、いつもの大運動
会を始めるのはわかっている。

ボイトレとカラオケを合計4時間程行い、そのままマッサージに行く。その後、イタリ
アンのお店に入る。食後、コメントを寄せていただいたセキグチさんからのご紹介URL等
をチェックし、早速お財布の中身と相談を始める。

私は、Twitter も Facebook もしていない。ネット空間での交流はこのブログだけ。
別に他の媒体がどうのという訳でもなく、ただ、ブログのスタイルが私に合ってい
る感じがする。そのブログを通じて今、少しずつ交流が始まっている現実にドキドキ
している。私には誰かに話したいことがたくさんあって、でも、顔見知りには
距離感の関係から言えないこともある。Facebook はダダ漏れ感があるし、Twitter
はあまりにも展開が早くてついていけない。どうして皆、思いつくままに全てを
そのまま発信できてしまうのだろう、と、半ば驚きの気持ちで見ている。
私には無理だ。

私のブログに来ていただいている人たちは、日本各地に散らばり、それぞれ年齢や
家族構成も様々に個性的なブログを書いていらっしゃる。もしかしたら電車ですれ
違っているかもしれない人たち。表面上は他人で話したこともない人たちが、今、
どんな本を読んで、どんな音楽を聴いて、そして、どんなことを考えているかを知る
ことのできるバーチャルな空間。ノンフィクションであり、フィクションもある
一つの作品を、それぞれがそれぞれのペースで織り上げていく。

現実生活でこれほどバラエティーに富んだ人間関係をもつことは、残念ながら
不可能に近いもの。いろいろな方の想いをふれることができるこのブログが今、
私にとってとても大切なものになってきている。

休日に作るペペロンチーノの味を追求するパパさんの日常を切り取ったブログや、
アーティストの彫刻やスケッチ、猫ブログや文学批評、仏教、哲学、ファッション
からオタクまで。人のブログに遊びにいくことがこんなに楽しいものになるとは
思ってもみなかった。

人間て本当に興味深い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。