猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の怖い夜!今夜はサンタも絶叫SP
世界の怖い夜!今夜はサンタも絶叫SP

先日録りためておいた大好きな心霊特集番組を見る。
チョコレートワッフルとコーヒーを用意し、テレビの前に陣取る。
廊下の電気をつけっぱなしにしておけば、これで後々トイレに行くときも
安心!そして仕上げに嫌がる猫たちを無理矢理周囲に集めて、防備をかためる。
これで準備OK!

古くは「あなたの知らない世界」や宜保愛子さま、稲川淳二さまから
木村藤子女史にいたるまで、この手の番組はずぅっとこのパターンで乗り切っ
てきた。

早速今回のビデオの中で、私の中の1位と2位を決めてみた。

-1位-
母親には見えない知らないおじさんが、子供には見えるというビデオ。
これに登場した「透き通った微笑むおじさん」が果てしなくキモイ。
最初ドア越しに星飛馬の姉状態で半身をのぞかせる立ち位置から、振り返るごとに
時系列で徐々に近づいてくるというお約束。最後は、ふいに振り返った母親の
すぐ後ろで不気味に微笑むおじさんは黒目オンリー...
母カメラ落とす。おじさんの顔と少女の名前から、現場は中国系か。

-2位-
肝試しに行った外人女の3人組が、深夜の心霊スポットで一人うずくまる少女を
発見。捨てられたリカちゃん人形のように座る少女は、顔をふせたまま
動かない。もうどうみてもこの時点で何かがおかしいのだけれど、なぜか
普通に話しかける外人女。

「どうしたの、こんな時間に?」

問いかけた3人(+カメラマン)に振り上げた少女の形相がもはやこの世のもの
ではない。暗闇に映し出された顔は眼光するどく怒りにゆがみ、今にも噛み付かん
ばかりの勢い。四つんばいの貞子姿勢で追いかけてくる。
録画切れる。

ふつうのはこちらの方が100倍は怖いのだが、3人組の1人がデブで興ざめした。
デブには見る者を恐怖に浸りきれなくする何かがある。背中に食い込む
ブラの上下から襲い掛かる贅肉の数々と激しいリバウンドの影。彼女のハンパ
ない体型が滑稽なのはもちろんだが、人ごとと棚上げできない現実を突きつけられて
いるようで、ファンタジーの世界に遊ぶことができなくなってしまうのだ。


こうして、定期的に特集が組まれる心霊ものが大好きで、番組は欠かさずチェック
するけど、未だ「口裂け女」の都市伝説に勝るものはない。

100mを3秒で走り抜け、クサリ鎌を振り回して襲い掛かるものの、ベッコウ飴を
あげるとあっさり許してくれるなどと、本当に訳がわからない。交通事故で口が裂けた
女が、なぜか青森を皮切りに日本全国をねり歩く。噂が噂を呼び、クラスメートが
「本日この町に口裂け女がたどり着いた」と宣言するや、私たち子供の恐怖は
ピークに達した。怖くて別々に下校できなくなったいじめっ子たちは、普段はバイキン
呼ばわりしているジャイ子みたいな女の子を先頭の魔よけにして、
皆で隊列を組んで帰って行った。子供って本当に残酷。

農協のスーパーに現れて飴を万引きをした口裂け女は、皆に見つかるやいなや
時速80kmのバイクを追い抜いて逃げていく。当日、運悪くマスクをしていた
友人の姉は、すかさず口裂け女の一味にされ、ブームがさってもなおしばらくは
遠巻きに見られていた。

そんな口裂け女に、実は姉妹がいたことはあまり知られていない。

有名になった口裂け女を筆頭に、全部で三人。事故当日は、この次女と三女も
同乗していたのだ。
事故で口が裂けた長女は口裂け女に、次女はりんご女、そして三女が
ストロー女。たださすがに全国区の都市伝説だけに、姉妹にも土地土地のローカル
バージョンはあるみたい。次女のりんご女までは結構共通するらしいけど。

姉妹たちも登場の仕方はそれぞれ長女と同じ。深夜の街灯下にたたずみ、通りかかる
人に声をかけるというもの。

事故で胸を失った次女は、おもむろに「私、ボイン?」とささやく。
(エロい....)
聞かれた通行人が「はい」と答えると、「これでもかっ」と言って胸からりんごを取り
出すや見境いなく相手に投げつけ、ボインをほめてくれた恩を仇で返す。
そもそも夜中に道で男捕まえて「私ボイン」とかってどうよ。もし化け物じゃなかっ
たら余裕で痴女か電波女のたぐい。

さらに秀逸なのは三女のストロー女。私ボイン→りんご女、というオチは容易に想像
できるけど、ストロー女が背負ったものは思った以上にシュールだった。

事故で口が裂けた長女とは逆に、裂けた口をほとんど縫い合わされてしまった三女は、
夜な夜な街灯の下で獲物を待つ。「私きれい?」「これでもかっ」のくだりまでは姉妹と
同じなのだが、その後マスクをとって素顔をさらした三女の顔には、
小さな小さな穴だけになった口が・・・そしてそこには、すでにストローがささっているのだ。

そのストローで、通行人を吸うという

人類の想像力に拍手喝采。だって別の意味で本当に怖いんだもの。
次女や、主役の口裂け女もかすむ強烈なキャラ。

穴だけになった口で「私きれい?」とかって。しかもストローまでささってるし。

最初は怖いホラー映画が二作、三作と回を重ねるごとにギャグになってしまう
ように、この姉妹も長女でやめておけばよかったのね。

フレディもジェイソンもチャッキーも最後は笑いものになってしまった。
何作目かで人形のチャッキーが子供をつくるシーンでは倒れそうになった。

今夜はストロー女の夢を見そう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。