猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナをめぐる外交
前回の記事が硬かったので、今日はこれまで通りのガッツリ下ネタ系か、川越シェフの
画像ください!について書こうと思っていたのだけど、どうにもヨーロッパが気になる私。
ウクライナ報道がほとんどなかった2日の夜 (前回の記事投稿) から随分と事態が進んで
いるので、また続きを書いてみようと思う。

ここ数日見ていて思う事、それは外交交渉というものがいかに汚らしく品性に欠けるもの
かという事実だ。別にこれを否定している訳ではない。政治や外交は本来そういうもので
あると言う事。日本人のように 「ああ、言わせておけばいい」 と静観していると、いつの
間にか虚偽のプロパガンダが既成事実化して泥沼にはまり込んでしまう。莫大な予算を
投じてでも三倍返しで反駁していかないと国の威信が失墜するのが外交戦だ。

ウクライナを巡る交渉で最も注視していたのはアメリカの出方。シリアとは違い今回は欧州
の利害に直結するだけに、途中で同盟国から梯子を外される心配もない。ここで面目躍如と
ばかりにオバマ大統領が動けば動く程、事態が悪化していると感じるのは私だけであろうか。
対象の特定を避けたとはいえ、ロシア政府高官の資産凍結は最悪のカードだ。何故これを
最初に切ったのだろう。プーチン大統領自らがプレス会見を開き、軍事侵攻は最後の手段と
いう態度を表明していた目の前で喧嘩を売った形になった。オバマ周辺のブレーンは一体
何をしているのか。

G8 メンバー首脳に電話会談を持ちかけ日本の対応が甘いなどと情報戦でプレッシャーを
かけつつ、それでもアメリカの対応に即時に反応したのはカナダやイギリスといったアングロ
サクソン同盟であり、当事者のEU首脳からは一線を画されている。一方、こうしたアメリカの
動きとは別に英、仏、独らが日本に呼びかけ、岸田外務大臣がウクライナ暫定政府の金融
支援具体策を模索している。EU が世界に向けて我々がウクライナの経済支援をします!と
発信した1兆5450億円が、何故か一切関係のない日本のお財布からも出ていくというのが
現実だ。

前回のブログ記事で書いた通りの展開。果たしてこのヨーロッパの人々は、日本が中国との
紛争に巻き込まれた場合、軍事的、経済的支援をしてくれるのであろうか。日本が ATM
にされるのは仕方がないとしても、何故 GDP 世界第二位を標榜する中国にはこうした経済
援助の話が出ないのか。EU にとっても中国にとっても互いが貿易に不可欠なパートナーで
あり、中国市場では日本のマーケットを奪う EU 諸国が、中国ではなく日本を頼る理由が
分からない。ましてウクライナは中国の投資対象国で軍艦も購入しているのだ。日本政府は
賢く立ち回らなければならないと思う。つまり 「金も出すが口も出す」 ということ。十分に
根回しをした上で、中国との間の歴史問題その他について、欧州各国に日本支持の協力を
取り付けたり、欧州における日本企業の活動に何らかのメリットを付与する条件をつける等、
今後の外交に役立つ交渉をすべきだ。さらにウクライナへの資金援助の大半はEU ではなく、
日本が出資することになるだろう旨も、堂々と世界にアピールして欲しい。日本の外務省は
当然考慮していると考えたいが、決して転んでもただでは起きて欲しくないのだ。

中国への配慮や実利重視の外交は今回のオリンピックでも垣間見ることができる。同性愛
差別の理由でソチオリンピック開会式の出席を見送った欧州首脳陣。勿論、同性愛差別は
決して許されるべきものではない。そうした人道主義的な立場に立つ彼らの中で、北京
オリンピック開会式を辞退した首脳が何人いるか。驚くことに主要国ではドイツとイギリス
のみである。チベット、ウイグル、内モンゴルにおける殺戮を人権問題として非難する先進
各国は、何故か北京オリンピックには出席し、ソチの開会式には欠席をする。平和を目指す
スポーツの祭典は、今や立派な政治利用の舞台で、各国の思惑が入り乱れる外交舞台で
しかないという現実。

それでは日本はどういった外交を実現していくべきか。外交術の巧みさで群を抜く国がある。
19世紀の世界覇者イギリスである。日本はこの国の二枚舌、三枚舌外交を見習わなければ
ならない。中東問題を始め、現在の世界の火種をつくったのは言わずと知れたイギリス。しかし、
カメレオンのように上手く立ち回ることで、不思議と恨まれることのない国だ。北京オリン
ピック開会式を辞退したものの、その後、中国市場で独仏に溝を開けられたイギリス。昨年
12月にはキャメロン首相が中国を訪れ 「 EU と中国間の FTA (自由貿易協定) を推進したい」
「英国は中国の欧州最強の支持者になる」 と手のひら返しをしている。ここのところ上向いて
いる経済をより安定的に推移させたいキャメロンは、あえて泥船の中国に頼ってでも経済の
立て直しを図りたいところ。9月にはスコットランド独立の住民投票を含め、周辺も落ち着か
ない。19世紀には中国国民を薬漬けにし列強各国を中国に招き入れ、その後の中国没落の
原因を作ったのが他でもないこのイギリス。にもかかわらず、日本への風当たりとは比較に
ならない程、憎まれていない。香港返還時には、香港住民から感謝までされているのだ。

先日も英国BBCの番組内で日本と中国の大使を戦わせている。ニュースナイトのパックマン氏
は 「尖閣を中国にあげれば?」「地域全体、世界全体を危険に陥れる程の価値が尖閣にある
の?」 などと中国擁護の発言をしている。これにはさすがにイギリス好きの私も閉口する。
尖閣と同じような小島、南半球のフォークランドに対して、今回のロシアと同じ 「自国民保護」
を口実に 「実際に」 戦争をしかけたのはどこのどなたか?もし 「アルゼンチンにあげれば?」
と言ったら、大抵のイギリス人は怒るに違いない。

それでもこの国は世界から恨まれない。少なくとも日本における特亜三国のようなストーカー
はいないのが不思議でならない。彼らの二枚舌外交のテクニックは今回のウクライナ問題
でも炸裂している。先日も英国政府の内部文書が撮影されて内容がリークされた。 「ロンドン
の金融街をロシア人に対して閉鎖すべきではない」 「当面は貿易制限もすべきではい」 という
対ロシア通商・金融制裁に反対する交渉方針が明かされた。裏ではこんな方針を打ち出しなが
ら、ロシアに協力的だと批判の矢面にされているのは日本である。また、先日発覚したアメリカ
の盗聴問題では、イギリスもケーブルを使って盗聴していると言われている。しかしこちらも
なぜかイギリスはアメリカの陰に隠れて責められない。

国益を最優先に自国民保護、しかしおおやけには大義名分を守る姿勢を堅持。日本はこうした
「柔軟な」 外交の上手さを目指すべきだ。

この二枚舌外交に負けないのが中国。中国はウクライナに対しこの二年で200億ドルもの投資
をしている。これは豊穣の地ウクライナの農地を買い取り、そこに中国農民を送り込んで移民と
すること。また隣接するポーランドを経由して EU に送り込んでいく入り口としての投資らしい。
この EU への窓口を使って100~200万人の移民が密航しているとのこと。やることなすこと
ぬかりのない中国は、徹底して自己利益のみを追求するブレのない国だ。さすがにこうした
思惑はウクライナの知るところとなり、関係が冷めたタイミングでのロシア侵攻である。また
EU は中国にとってアメリカに次ぐ輸出相手であり、ロシアは盟友である。今回の当事者三者
がすべて中国の利害関係国とあって、一体どういう立ち位置を表明するのかにとても興味が
あった。

アメリカのロシア対経済制裁に反対はしたものの、プーチン大統領から直接受けた電話会談
では、明確なロシア支持には回っていない。ウクライナの独立・主権を尊重し、「他国の内政に
干渉しない中国の基本方針を踏襲する」 と説教をしている。こうした誰が見ても分かる大嘘を
平然と全世界に宣言できる胆力が欲しいと思う。二枚舌という意味では、ある時は世界第二位の
強国でアメリカを追い抜く国力に自信をみせる一方で、いざ今回のように経済支援が必要となれ
ば 「我が国は依然として発展途上国である」 と弱者を装い、ない袖は振れないと言い放つ。
説教たれて金をふんだくる、まさに場末のぼったくりバーのマダムではないの。

これこそが、日々、国営放送CCTVで日本をこきおろす抗日ドラマを垂れ流しながら、格下の日本
からいまだ300億円を超す ODA を平然と受け取ることのできるしたたかな厚顔さである。この
ODA が二桁伸張の軍事費に充てられ、日本爆撃用のミサイルに変わっているとすれば、まさに
ダチョウ倶楽部のギャグである。即刻打ち切って、東日本大震災の被災者支援、原発対応費、
東京オリンピックのインフラ整備に充てるべきだ。

中国が態度を保留するのであれば、それはむしろ日本にとってチャンスになる。ウクライナへの
財政支援を行う一方で、進退を絶たれ四面楚歌のプーチン大統領に日本ができるギリギリの
支援を申し出る。国際的な世論を敵にまわさない建前の裏で、対中国への軍事的協力やエネルギー
の支援を要請すればよい。そもそも今回のウクライナ事案自体が、内政干渉でしかない。表向き
には正当な選挙で選ばれていたヤヌコビッチ政権に暴力で反旗を翻したのは、ロシアではなく
ウクライナ市民。ロシアが出しゃばるなというのであれば、EU にも同じことが言える。まして
アメリカや日本などは、本来全く蚊帳の外であったはずだ。ただ、軍事問題を避けての解決を企図
していたロシアの退路をオバマ大統領自身が絶ってしまった以上、ロシアはもはや引くに引けない
状況になってしまった。アメリカの手にあったボールは、今やロシアに渡ったのだ。

今後の日本政府の対応は益々厳しいものになる。安倍総理には 「盲いて千尋の谷を渡る」 かの
如く細心の注意を払いつつ、時には卑怯とも思われる手段を使いながら、清濁を併せ呑む気概
をもって、一億二千万日本人民の命を守っていただきたい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

スリランカ初代大統領の言葉
「憎しみは、憎しみでは消せない
愛のみで消せる」
なんとか、平和的に解決して欲しいです。
小判鮫のコバンちゃん | URL | 2014/03/09/Sun 07:49 [編集]
日本の外交
阿鼻叫喚さま

またまたすっきりさせていただきました。
でも問題がありすぎて個人的にも危機感を感じます。
イギリスは賢い。これは以前から感じていたこと。
日本もお人よしにお金を駄々漏れのようにだすばかりでなく
口も賢く出して欲しい。
言わせておけばのお人よしもいい加減にしないと
阿鼻叫喚さんの言うように気がつけば日本を守れなかった
ということになりかねない。
ベトナムだって賢い。
賢い国のやり方学んだいい。
言わぬが花なんて美学のようにおしぇられてた日本の国民も・・・・
メロンボール | URL | 2014/03/09/Sun 10:58 [編集]
こんにちは!
いつも、話題性のテーマに、的確な記事アップを有り難うございます。
今までは、読み逃げをしていましたが、初めてのコメントです。
イギリスと日本は同じ島国なのに、どうして、こうも外交が違うのでしょうか?
やはり、白人国家と黄色人種に対する差別もあるのでしょうか?
でも、中国のやり方は、汚いと思いつつも、
EUなどは、日本みたいに中国の脅威を感じないし、
本質をしらないのでは?とも思いますが・・・。
先日、外務省が、中国ODAに対しての、これからもやるべきか?中止すべきか?
アンケートをしていました。
むろん、日本人は、則止めるべきです・・・が圧倒でした。
あれほど、反日されながら、なお、ODAをスルとは、
日本も舐められているのでは?
それとも、親中派達に牛耳られているからでしょうか?
怒りを感じますね。
是非、日本政府に、ウクライナ問題、上手く立間って欲しいですね。☆
梅サクラ | URL | 2014/03/09/Sun 14:25 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/03/09/Sun 19:39 [編集]
またシンクロしてるしwwこんばんは!
日本だけが餌食になるのは、単純に5大国ではないから、だと思います。
つまり戦勝国ではない、という事ですね。

国連憲章上、『5大国以外の国』は基本的に独断で軍事行使はやってはいけない事になっているので、裏を返せば5大国は何をやっても許される、という事ですよね。

中国は5大国のひとつですから、チベットやトルキスタへの軍事侵略は許されるし、アメリカも広島長崎への非人道的な一般市民大虐殺をしたとしてもお咎めなしです。

つまり、日本は国連秩序から見ると、戦敗国であり、5大国には入らないので、何をしても咎められるし、利用されまくりなのですよねぇ…orz

彼らの言う世界秩序としては、戦勝国は『正義』であり、戦敗国は『悪』でしかありません。

悪は何をやっても悪なのです。
なので、日本が叩かれる事に終わりは無い、というのが現実ですよね。

ただ、今回の事に関しては、ロシアが5大国であるにも関わらず、同じ5大国であるアメリカがロシアの内政に干渉しているという事です。
これは歴史上あってはならない事でした。
まさに『今までの概念が覆される事態』だと思います。

これを好機にとるか否か、で日本の行く末が変わってくると思われますね。
おっしゃる通り、日本はよほど慎重に動かなければなりませんね。
ウダモ | URL | 2014/03/09/Sun 20:40 [編集]
私の持論ですが、外交は命をかけてやるべし!
100年ちょっと前までは交渉に行って失敗して、
見せしめのために首をはねられても、
文句の言えない時代が続いたのです。

そう意味では、政治家はもっと真剣に取り組むべきです!!
モンタピ | URL | 2014/03/09/Sun 20:43 [編集]
Re: スリランカ初代大統領の言葉
コバンちゃん様:いつもコメントありがとうございます!

>>「憎しみは、憎しみでは消せない愛のみで消せる」

対日戦後賠償を放棄して、日本を分割統治から救ってくれた親日スリランカの
言葉ですね。深く自愛に満ちた仏教徒の言葉だと思います。ウクライナがこれ以上
壊れないことを祈るばかりです。


ウォーリック | URL | 2014/03/09/Sun 21:08 [編集]
Re: タイトルなし
ら◯と様:いつもコメントありがとうございます!

敗戦国の弱みですね。一体いつまで過去の負の遺産を背負わされるのか
と思いつつ、それをビジネスにしてゆすりたかりの国がある限り、終わらない
のかもしれません。マスコミへの不信感も増えるばかりだと思います。

ウォーリック | URL | 2014/03/09/Sun 21:17 [編集]
Re: 日本の外交
メロンボール様:いつもコメントありがとうございます!

香港は地政学的にも歴史的にも中国とイギリスのいいところを合わせ
もっているのでしょうね。あの狭い土地に金融センターとしての
エッセンスを凝縮してグローバル企業を誘致できるんですもの。
日本の外交も少しだけ変わらなければならない転換点にあるような
気がします。
ウォーリック | URL | 2014/03/09/Sun 21:23 [編集]
Re: こんにちは!
梅サクラ様:コメントありがとうございます!

中国へのODAは、普通なら外交カードに使える金額ですよね。もし中国が
きちんとした国であれば、地方で最貧の生活をしている中国孤児たちのために
使って欲しいと思いますが...ウクライナの件も、EU、アメリカ、ロシアと
外交合戦の最中ですが、もし戦闘が始まれば街を焼かれ犠牲が出るのは
ウクライナという国家です。とにかく戦闘だけは踏みとどまって欲しいと
心から思います。日本政府に仲介をする力があれば...

ウォーリック | URL | 2014/03/09/Sun 21:30 [編集]
Re: タイトルなし
び◯に様:いつもコメントありがとうございます!

一度海外に出ると、日本の有難さが身に染みて右翼になるんですよねw
勿論、それぞれの国に良さがあって素敵ですが、自動販売機一つ街に置けない
ような治安の国がほとんどの世界にあって生活のしやすさはトップクラス
だと思います。ウクライナでは国連大使が追い返されましたけど、結局
紛争の解決には何の役にも立っていないのが現状。乗り出してくる国は
いつも決まっていて、お金を出す国も然り。そうなると益ますます外交
能力が試される訳で、日本には本当に頑張って欲しいと思います。

ウォーリック | URL | 2014/03/09/Sun 21:41 [編集]
Re: またシンクロしてるしwwこんばんは!
ウダモ様:いつもコメントありがとうございます!

そして国連特使は監禁されて追放されるんですよねw 役に立ってないし。
仰る通り国連ではなく、安全保障理事国のみが牛耳れて、そのお金は日本が出して
差し上げるの図。出資金トップのアメリカは名目のみで遅延してますから、IMFも
国連も日本が一番お金出して、そのお金で潘基文が国連に韓国人を雇い入れ、
公用車や備品電化製品をすべて韓国製にするという解せない日本の立場。
パンちゃんは一日も早く死んで欲しいですw
ウォーリック | URL | 2014/03/09/Sun 21:56 [編集]
Re: タイトルなし
モンタピ様:コメントありがとうございます!

日本の政治家の中には、命をかけて隣国の利益を守ろうとする人々が
いたりして複雑ですよね。マスコミや政界、財界、法曹界の至るところに
それぞれしっかりと根付いていて、真の敵は身内に在りといった感じ。
自国の不利益に貢献してくれたりしますw

ウォーリック | URL | 2014/03/09/Sun 22:03 [編集]
こういう時はいつも、各国の思惑と自国の利が見え隠れしますね
日本は世界のお財布という認識でよろしいでしょうか。
世界の警察さんの働きは…自称レベルに低下していますね

何にしても、いつも傷つくのは市民なので、早くうまく片付いて欲しいです。

日本に関しては、黒田官兵衛や真田昌幸など策士な軍師をブレインにしないと、舐められたままでしょうね…
sunoha | URL | 2014/03/09/Sun 22:53 [編集]
Re: タイトルなし
sunoha様:いつもコメントありがとうございます!

日本人はきっと優しすぎるのでしょうね。実際、日本以外にお金を出せる余裕が
ある国はないかも知れません。東日本大震災の時のように、日本が困難に陥って他の
面倒がみれなくなった時にしか、ありがたみを分かってもらえないのは悲しいです。
ウォーリック | URL | 2014/03/10/Mon 00:05 [編集]
日本人の考えは・・・
 世界の歴史を振り返れば、男の人口が増え過ぎたり、国の中が不況になると それを打開するたびに戦争を始めるのです。
今の世界は、この二つがピークに達しようとしています。
世界中の国々が戦争をしたくて仕様がない時期に来ていることは確かなことでしょう。

 ところが何故、国々を巻き込む戦争が起きないのか。
今度また、世界大戦規模の戦争が起きれば、人類の破滅になることは 判りきっている事だからです。
それらを 踏まえたうえで外交も望まなければ なりません。

 しかし、歴史をたどり、世界の常識からかんがみてみれば 日本人の考え方が幼稚でお粗末なのは明らか。
日本人独特の道徳観念や、話せば判るなどと言うチャンチャラおかしな考えを、いまだに持っておられる方々が多い現実。
世界の歴史上の名だたる名士達は、なんとも凄まじいほど残虐で、狡猾で策士。
皆さん方が尊敬しておられる日本のむかしの武将たちも 同じ事をやっていたことは ご存知のはず。

 はたして、ただの話し合いで 平和解決した尊敬できた人物など いたのでしょうか。
イギリスにしかり、隣国韓国や中国にしろ だまし裏切りの歴史をもつ国なのです。
それらの言葉を真に受けている日本人の幼稚さ。

 今回の安部政権には 期待ばかりが先行する私ですが、日本と言う国は 国内において、 国益を損なうことを平気で論ずる政治家や評論家、そしてテレビ局や新聞がこれほど多く、堂々と批判されることも少なく発言し、いかんや なんの恥ずかしさも無くこれらの人達に 拍手を送っている国民が多いことも事実です。

 さておき、政治の話を これほど興味深く書くことが出来るウォーリックさんには ただただ、感心するばかりです。
るどるふくん | URL | 2014/03/10/Mon 00:54 [編集]
Re: 日本人の考えは・・・
るどるふくん様:いつもコメントありがとうございます!

本当におっしゃる通りですね。何かとても戦争をしたがっているようにしか思え
ません。次の世代の子供達のためにも綺麗な環境と平和な世界は残してあげないと
いけないと思うのですが、すべて逆に進んでいるようで恐ろしい限りです。
ウォーリック | URL | 2014/03/10/Mon 04:24 [編集]
こんばんは
憎しみで平和は作れないと思います。
戦争は悲しいです
ネリム | URL | 2014/03/10/Mon 17:47 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

本当にそうですね。こうした負の連鎖はどこかで断ち切りたいと思います。
ところで9周年おめでとうございます!すごいですね!
ウォーリック | URL | 2014/03/11/Tue 21:47 [編集]
ウォーリックさま
ウォーリックさま

勝手にリンクさせて頂きました。
どうぞよろしくお願いします。



メロンボール | URL | 2014/03/20/Thu 18:40 [編集]
Re: ウォーリックさま
メロンボール様:

わぁ、ありがとうございます!これからも宜しくお願い致します!
ウォーリック | URL | 2014/03/22/Sat 13:56 [編集]
再コメント
忙しいんですか?
ブログ、放置プレイになってるよ!
小判鮫のコバンちゃん | URL | 2014/04/01/Tue 00:36 [編集]
Re: 再コメント
コバンちゃん様:コメントありがとうございます!

ちょっと忙しくて放置プレイですw
またすぐに再開しますので、その節は宜しくお願いします!

ウォーリック | URL | 2014/04/01/Tue 21:23 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/04/02/Wed 12:38 [編集]
Re: タイトルなし
いつもコメントありがとうございます!

すみません、最近忙しくて訪問できなかったのですが、どうして突然?
ウォーリック | URL | 2014/04/02/Wed 13:56 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/04/06/Sun 07:45 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。