猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語と日本人
日本人は英語が苦手と言われて久しい。たとえば、マドンナの Like a virgin を 「処女を
愛せ」 と訳したり、I need boiled rice (ご飯が欲しい) というべきところを I need
boiled lice (ゆでたシラミが欲しい) などという恥ずかしいエピソードが紹介される。
「処女を愛せ」 .... щ(゚Д゚щ)カモォォォン

でもね、偉そうに英語のミスを笑う外人だって日本語を話せば、カラオケはカリオ⤴ーケに
なるし、津波はツナ⤴ーミ。英語以外のネイティブだって、アグネスや欧陽菲菲の日本語は
何十年経ってもあのままでしょ。イタリア人の英語はイントネーション強すぎでイタリア語に
しか聞こえないし、フランス人は油断すると H の音が全部落ちるから、ヘロインはエロいに
なってしまう。そういった意味じゃ、どこの誰も他の言語を話す人を馬鹿になんて
できないの。

そんな中、今日はなぜ日本人の英語が笑われてしまうのか、自分の失敗を含めて書いて
みようと思う。

日本人の発音がバカにされる原因は主に二つ。さっきの rice と lice のような、 L と R の
区別がつかないこと。そして二つ目は恐怖の 「カタカナ英語」。この二つを何とかすれば、
きっと日本人の発音は向上すると思っている。

その日、私は今は亡き談話室滝沢にいた。ここはコーヒー一杯が1,000円もするぼったくり
喫茶なのだけど、その点、客層が絞られて商談にはもってこいの場所。ここで打ち合わせを
するため、私は外国人ナレーターを待っていた。

するとそこに空港から直行してきたと思われる外国人を引き連れて、日本人のオッチャン
二人がやってきた。私の斜め前に席を確保するや、しきりに 「シット・プリーズ」 と言って
いる。オッチャンの英語はベタベタなカタカナ英語。半ば困った顔をしながら外人が
席についた。静かな店内にオッチャンの英語が響きわたる。どうやら接待でこれからカラ
オケに連れていく話になっていた。外人が気をつかってどんな英語の曲を歌うのかと聞くや、
待ってましたとばかりにオッチャンが巻き舌を披露。オールディーズが好きで、ラブミー
テンダーとフライミーツーザムーンを唄うのだと言う。笑いをかみ殺す外人に向かって得意
満面に話し続けるオッチャンを見ながら倒れそうになる私。まさに 「L と R の呪い」
と 「カタカナ英語の恐怖」 を地でいってる。何でもかんでも強い巻き舌にすれば、
英語に聞こえると思ったら大間違いよ。

オッチャンが外人に言ったのは次の通り。

Shit please (クソして下さい) ⇒ [正] Sit down please (おかけください)
Rub me tender (やさしくこすって) ⇒ [正] Love me tender (やさしく愛して)
Fry me to the moon (月に向かって私を油で揚げてちょうだい)
                 ⇒ [正] Fly me to the moon (私を月に連れてって)

Shit は訳した通り、ウンコなどと生易しいニュアンスではない強烈な単語。これはカタカナ
でスィットとフリガナをつけておけば、も少し通じたかも知れない。後の二つはエルとアール
が逆になってしまった典型。一字違いでこんなに阿鼻叫喚になってしまう。ヤバいでしょ。

母音が五個しかない日本語で、ルビをふれる便利なカタカナを使うからこんなことになる。
これは何も英語だけでない。外人の友人のお土産を買いに表参道のオリエンタルバザール
というアジア系のお土産ショップに行った時のこと。当時のサッカー日本代表のトルシエ
監督が奥様と浴衣を見ていた。すると、銀歯ギラギラのおばちゃんが走り寄ってきてトルシエ
の肩をたたきながら一言、

 「コーマン タレ ブゥゥーッ (comment allez-vous ご機嫌よう)」

とやらかした。鳩に豆鉄砲の二人。数秒の沈黙の後、ニッコリとほほ笑んで店を出て
いってしまう。これもカタカナの恐怖よ。母音が十六個もあるフランス語を日本語の五個で
やっつけようとするからこういうことに。コーマンとか、すご過ぎる。もし少しでも原音に
近づけるとすれば、コモン (鼻にかかるモン) タレ (レはエル) ヴ (V の音) で、切らずに
全部くっつけて発音。フランス語はリエゾンやエリズィヨンと呼ばれる法則で、全部の
単語が合体技になるのだ。間違っても日本語の 「お・も・て・な・し」 はない。

典型的な日本人の私も決して他人事ではない。特にエルとアールが一緒になった単語
(Marilyn Monroe, laurel, Marlborough) や、間違うと致命的に恥ずかしい
election (選挙) などを発音するときは、物凄く緊張する↓

Barack Obama's presidential election campaign (オバマの大統領選挙戦)
Barack Obama's presidential erection campaign (オバマの勃起キャンペーン)

ここで私がこれまで何万回と繰り返してきた恥ずかしい英語のミスの中でも、とっておき
のエピソードを二つ。

以前、イギリスの友人とゴルバチョフの髪型について話していた時のこと。私は彼女に
こう言った↓

He's going on top!

これは、ゲイの男役がエッチの時にネコ役の男の上に乗るという意味で、ゴルバチョフが
まさに乗っかろうとしていると言い放っていたらしい。本当は He's going thin on top
(髪が薄くなっている) と言いたかったのだが、thin が落ちた。今となっては、ゴルの頭
には髪自体がなかったような気もしている。

また、これも別のイギリスの友人と話している時のこと。珍しく彼が日本について当てこすり
を言い続けていたものだから、

You are so circumsized, aren't you!

と言うと、彼がビビった。なんでそんなこと聞くの?と泣きそうな顔で聞くものだから、
意味が通じてないのかと思ってさらに、

Because you are extremely circumsized tonight!

と大きな声で言い放った。パブで周りに座っていたイギリス人が一斉にこちらを向くと
大声で笑いながら何かつぶやいている。私の前には涙目の彼。ちなみに本来はこう言い
たかった↓

Your are sarcastic, aren't you! (随分とイヤミなこと言うわね)
Because you are extremely sarcastic tonight!
(だって今夜はものすごく嫌な感じ)

ところが実際は、

You are so circumsized, aren't you!(随分とおち☆ちんの皮が切れてるわね)
Because you are extremely circumsized tonight!
                 (だって今夜はおち☆ちんの皮が切れまくっているんだもの)

私の中では sarcastic の発音が circumsized に似ていたらしく、後で違いを説明
されて以来、あのパブには行けなくなってしまった。それにしても一体どこでこんな
特殊な単語 (circumsize 割礼) を覚えたのかと思う。多分この前日、イスラムの
女性の割礼記事を読んで怖くて眠れなかったせいかも知れない。

こうしたエルとアールやカタカナ英語を克服する方法は一つしかない。カタカナのフリガナ
に頼らず、ネイティブのCDやテープを聞きながら、その発音をまねてみること。次に、声に
出して英文 (またはその他の学びたい言語) を音読するのが一番。

そして音がうまくマネできたら、間違えを恐れないでガンガンしゃべりまくる。だって、
日本人以外の英語ノンネイティブもボロボロとミスをしながら話しているし、何より英語を
話せないアメリカ人やイギリス人もたくさんいるので、全然気にすることなんてない。

まだ日本人は英語が読めるもの。私みたいに自信タップリに間違えましょw


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

確かに阿鼻叫喚
発音の誤り。大変怖いことですね(笑)。
私はRとLも、スィとシも無自覚。
というか片言も無理なので、もっぱら身振り手振りと表情に日本語。
やはり、とんでもないことを口走るよりは、格好悪くても今のままで良しとしましょう。
興味深い記事です。
これからも度々拝読させていただきます。
もうすぐ北風 | URL | 2014/02/11/Tue 16:36 [編集]
はじめまして
コーマン タレ ブゥゥーッで、笑いすぎて呼吸困難になって死ぬとこでした(笑)
キングハナアルキ | URL | 2014/02/11/Tue 17:26 [編集]
こんばんわ
英語も一文字違うだけで意味も変わるんだなと思いました
ネリム | URL | 2014/02/11/Tue 23:33 [編集]
Re: 確かに阿鼻叫喚
もうすぐ北風様:コメントありがとうございます!

初めまして!身振り手振りでもコミュニケーションがとれるなんて素敵ですね。
ミスを恐れて話せず冷淡になってしまうよりも、とにかく振り向いてコンタクトを
取ろうとしてくれる人の方が、異文化コミュニケーターの素質があるのだと
思ってしまいます。

こんなブログで恐縮ですが、是非またいらしてください!
ウォーリック | URL | 2014/02/12/Wed 02:26 [編集]
Re: タイトルなし
キングハナアルキ様:コメントありがとうございます!

ブログ「ハナアノレキ」の方ですね!こちらも度々お邪魔しています。
常々、この方は一体何歳なのだろう?と思いながら楽しませていただいてます。

>>コーマン タレ ブゥゥーッ

おばちゃんの思いは伝わっていたようですが、何故かトルシエは恐れをなして逃げて
行きました。これに懲りずにまた遊びにいらして下さいね。
ウォーリック | URL | 2014/02/12/Wed 02:37 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

ここに書けないほど恥ずかしい間違いが多くて、時々思い出しては顔から
火が出ます。それでも、日本が外国から誤解されている点や反論に冷静に反論
できる様、お勉強は続けていきたいなと思っています。
ウォーリック | URL | 2014/02/12/Wed 02:43 [編集]
語学あるあるw
実は私、会社を辞めてから日本人の為の発音矯正テープなるものを作っておりましたw
ただ英文を読むだけのラクなお仕事だったので楽しかったですけどね←

主に中高年向けのビジネスマン用だったのですけど、も~、何をどうやっても発音できず、とても苦労した覚えがあります。
学生の頃は熟の講師をやっていましたが、その時は中3相手だったので、覚えるのも早かったと思います。
私が独自に開発した『th』の発音ですけど、、、

いただきます⇒いだだきまth
ありがとうございます⇒ありがとうございまth

↑これをやらせたら、中学生がきゃっきゃっ言いながら発音してくれて、結局みんな『th』の発音が完璧に(笑)

なつかしいなぁ…
ウダモ | URL | 2014/02/12/Wed 22:38 [編集]
こんばんは!勉強しなくて後悔した科目は英語です。
中学の時に友人はSexyを「セッ〇スワイ!」と真剣に言う環境なもので…
語学力とは程遠い、アホな環境でした><
sunoha | URL | 2014/02/13/Thu 00:18 [編集]
Re: 語学あるあるw
ウダモ様:いつもコメントありがとうございます!

さすがウダモ様、守備範囲の広さや引き出しの多さといい凄いですね!
thの発音も食わせ物というか、油断してるとあっさり「ス」ですもんw
ところで先日教わった「オ☆マタ」の☆表記を早速応用させていただきましたw
ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 06:06 [編集]
Re: タイトルなし
sunoha様:いつもコメントありがとうございます!

> 中学の時に友人はSexyを「セッ〇スワイ!」と真剣に言う環境なもので…

最近ネットで韓流グループSHINee(シャイニー)を「シネーッ」と呼んでいるのを
思い出してしまいました。「セッ〇スワイ!」の発想はスゴく新しいと思います。
苦手と言わず、sunoha様も英会話どうですか?夜な夜な自転車で訪れる浅草や
銀座で外人とのアバンチュールもありそうですw
ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 06:13 [編集]
ウォーリックさん、初めまして、いつも楽しく読ませていただいています。
おかしな間違い、たくさんあるみたいですね。
私も妻から日本で間違った使い方をされた、フランス語の間違いを聞いたことがあります。
レストランの名前で、「うさぎ小屋」とか「トイレ」とか、ヒドイのは「乱○パーティー」なんていうブティックもあったとか!
フランス語でちょっとオシャレにと思って付けたのでしょうけど、間違うととんでもない意味になる”危険” な言葉が多々ありますね。

知り合いのおばあちゃんが海外の空港で、外人に何か尋ねようと思ったらしいのですが、「エクスキューズミ〜」が上手く言えずに「キスミ〜♡」を連発したなんて話も聞きました。
ドン引きする外国人を想像したら、笑えました。^-^
yoyo | URL | 2014/02/13/Thu 06:58 [編集]
今日も朝から大爆笑
こんにちは
面白いですね。今日も朝から大爆笑。顔の筋肉がゆるみました。
こちらのブログを嫁のブログにリンクさせて頂きたいのと、嫁のブログで紹介をさせて頂きたいのでご了承願えますでしょうか?
宜しくお願い致します。
サンデーランチ | URL | 2014/02/13/Thu 08:45 [編集]
お~!英語の達人のウォーリックさんでも恥ずかしい思いをしたことがあるんですね。
ワケあって英会話の学習に悪戦苦闘している身には
たいへん勇気が湧いてくる記事でした。ありがとうございます♡
よっしゃ、恥かいてなんぼじゃ~。がんばりまーす!
さとちん | URL | 2014/02/13/Thu 11:27 [編集]
Re: タイトルなし
yoyo様:コメントありがとうございます!

yoyo様はフランスにお住まいですよね!確かにすごいのがたくさんあって
チョコレートの名称でフェスというのがありますw それからトヨペットもなかなか
味わい深い感じです。英語だとスラット(ヤリマン)というチューハイ?や
原宿の竹下通り(Take shit a dori:脱糞通り)には外人も腰を抜かしています。

何かこんなブログでお恥ずかしいのですが....またいらしてくださいね!

ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 19:13 [編集]
Re: 今日も朝から大爆笑
サンデーランチ様:コメントありがとうございます!

光栄なお申し出ありがとうございます!私、美魔女好きなのでこんなブログで
よければお好きなようにご利用くださいw 気まぐれ更新のブログですが、今年は
ちょっと頑張ろうと思っていますので、是非また遊びにいらして下さいね!
ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 19:30 [編集]
Re: タイトルなし
さとちん様:コメントありがとうございます!

達人だなんてとんでもありませんよ~。読み書きは仕事で使っているという
だけで、職場のネイティブたちとは、こちらが日本語で話しかけると、向こうが
英語で返すといった感じで、お互いに楽なコミュニケーションをとっているので
はた目にはとっても変な光景です。おかげでスピーキングは別にやっていかない
と日本語の口で英語は話せないんですよね...語学ってゴールがないです。

さとちんさんも一緒に頑張りましょうね!
ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 19:42 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/02/13/Thu 20:26 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/02/13/Thu 20:29 [編集]
初めまして
いつも記事のアップを楽しみにしております

LとRの違いは私にも出来てないので、今までに恥かしい思いをしてるのかもしれません。
あ、中学生レベルの会話以下です

今回の記事を読んでしまったら、カタコト英語も話せなくなりました~
豆兄弟の母 | URL | 2014/02/13/Thu 21:11 [編集]
Re: 恥ずかしいと思うから恥ずかしいのでは?
コメントありがとうございました!

そうですね、おっしゃる通りだと思います。私も半ばネトウヨっぽくなって
いて、いつか英語でイルカや慰安婦も完全に論破してやろうと思っていますw

でも最近の日本人って凄いと思いませんか?経済的に低迷したここ20年、科学技術や
研究は逆にもの凄く進んだと思います。人類救済の画期的なIPS細胞のすぐ後に、STAP
細胞が出て、アニメやゲームといった日本の「コンテンツ」を売れる時代になった
んですもん。日本のマスコミ以外の情報をとるためにも英語はきっと必要だと思います。
ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 21:29 [編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

スピードラーニングを試したことはありませんが、日英のセンテンスが交互に
入っているらしいので、あきらめずに聞いていると結果がでると思います。
発音だけじゃなく、イントネーションやアクセントといった全体の「メロディ」が
自然に入ってくるのかなと思います。ただ最初はテキストの文章を目で追ってスペルに
目を通しておく方が効果的だと思います。きっと楽しいですよ!
ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 21:36 [編集]
Re: 初めまして
豆兄弟の母様:コメントありがとうございます!

日本語を学んでいる外国人も強烈な間違いをやらかしているんです。以前このブログで
もちょっと書きましたが、「隣のトトロ→隣のトロロ」とか「オオカミ→オカマ」などなど。
みんなお互い様で、本当にひどいですよw イギリス人の先生は、伊、仏、西語の人達の
英語に比べると、日本人のプレーンでアクセントのない英語がとてもきれいに聞こえる
と言っていました。是非、ガンガンしゃべり倒して下さい!私も、今回書いた以上に
恥ずかしいミスを連発で(いまだにですが)、それでも外人に負ける気がしませんw
ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 21:44 [編集]
こんばんは
久しぶりにコメントさせて頂きます。

今回英語の記事もすごーく面白くて、大笑いしてしまいました。
いつも興味深く読ませて頂いております。ありがとうございます♪

そして、私ですが英語は全くわかりません…。もっと勉強しておけば良かったな~、と思う事の一つです(>_<)
この記事を読むと、私絶対英語無理だわ~って思っちゃいますが、こうやって恐れ過ぎていてはいけないんでしょうね。
メグ | URL | 2014/02/13/Thu 22:14 [編集]
Re: タイトルなし
メグ様:いつもコメントありがとうございます!

今回の記事を読んで尻込みしてしまいます、とコメントいただいた方が他にも
いらっしゃって申し訳なく思います。もし私が英語をこれから勉強するかしないかと
聞かれたら、すぐにでも始めてください!と言います。片言が通じた時の喜びや、
たった英語一言語を学ぶことで米、加、濠、英といった英語圏以外の世界中の人達との
コミュニケーションへの道が開かれていきます。

今、日本と韓国、中国の関係は非常に悪いですが、かつて英語で知り合い、話した
韓国や中国の個人個人を思い出しては自分の考えが行き過ぎないようにセーブして
います。言葉を学ぶって本当に本当に楽しいですよ!特に最初の頃は物凄い勢いで
レベルアップしていきますからw もう明日にでもどこかで体験レッスンを
受けて週末から始めましょうw 今年のハロウィーンやクリスマスは外国の友人
とのパーティーが待っています。
ウォーリック | URL | 2014/02/13/Thu 22:44 [編集]
大爆笑!
最高に面白い!
ちなみに
英語のスペルは読めませんが・・・。

私が、昔ダイビングをしていました
そのショップの名前は
マリンペッカー!
アメリカの汚い言葉で
チン○ンですよね!
車に、でかくチン○ンと書いてある!
ショップの人いわく
アメリカ人はびっくりしていていたそうです。
小判鮫のコバンちゃん | URL | 2014/02/14/Fri 00:39 [編集]
ひょ~!
これは、恐すぎですね。
わたしは英語が話せないです。
学生のころ、Lとrの発音を聞き取るテストがあったけれど、全然わからなかったことを思い出しました。
そうそう、アメリカの子どもが「タコ」と「おちん☆ん」をいい間違える話も。発音が似ているんですかね。

あ、わたし、スペインで犬に「Sit」と言って通じましたよ。(笑)
piano | URL | 2014/02/14/Fri 01:11 [編集]
Re: 大爆笑!
コバンちゃん様:いつもコメントありがとうございます!

俗語のこういうのって本当に多くて、例えばドコモのサービスにマイボックスと
いうのがあったんですけど、アメリカ人翻訳者が倒れそうになっていました。
boxというのは女性の方の俗語で、日本語に直すと「私の~」みたいな。
ちなみにディック・ミネのディックもそういう意味です....
ウォーリック | URL | 2014/02/14/Fri 01:47 [編集]
Re: タイトルなし
piano様:いつもコメントありがとうございます!

以前、盲導犬の訓練を受けているワンちゃんが英語で命令されているのを見て
びっくりしました。勿論日本の訓練所で日本人が指導していたのですが、ガイドドッグ
系の犬はなぜか英語で訓練しているんですよね、理由は分かりませんけど....
一体そのスペインの犬はなんだったんでしょうねw
ウォーリック | URL | 2014/02/14/Fri 01:57 [編集]
はじめまして。
面白い内容でした。
小生も最近、英会話出来ないと、と思い
スピードランニングを通勤中聴いてます。

来週、英語圏ではないですが海外出張です。
空港は、英語楽しみにしています。
早くRとL使い分けれるよになりたいです(笑)
Atsu | URL | 2014/02/14/Fri 06:33 [編集]
Re: タイトルなし
Atsu様:コメントありがとうございます!

今回の記事でスピードラーニングに興味をもっていたり、Atsu様のように
実践されていらっしゃる方が多くてびっくりしました。出張で是非いろいろ
試していただいて楽しんで下さい。それにしてもAtsu様は出張が多いですね!
ウォーリック | URL | 2014/02/14/Fri 13:06 [編集]
今晩はv-22

言葉って面白いですよねえ・・。

15歳の時に 同じ年ごろの子供がいる家に
(ドイツ系)ホームスティしたんですけど
10日くらい。

次男が あたしのもを返してくれないで
思わず 駄目!って言ったら
長男や長女も吃驚して
お母さんに言いつけに行って^^;

Damn it に聞こえたみたいで^^;
畜生とか そんな感じですかね?

だめは やめてとか ストップの意味で
言ったと 説明したんですが^^;

そういえば Shut upは おとうさんに怒られたなあ・・^^;

もう全然 英語に触れないですが
(まるで上達しないで終わりました)
懐かしい思い出ですv-290
800びくに | URL | 2014/02/14/Fri 20:26 [編集]
Re: タイトルなし
800びくに様:いつもコメントありがとうございます!

15歳でホームスティで海外の空気を吸って、同じ年頃の外国人と
暮らした、そんな体験が貴重なのだと思います。普通の人が経験できない
時間です。何より言葉の重みを体験されたのはかけがえのない1経験ですよね!
ウォーリック | URL | 2014/02/14/Fri 20:45 [編集]
パブでは男性の皆さん前を隠したのでは・・・?笑
面白い~!朝から笑わせていただきました(^O^)

私は「日本人は発音気にし過ぎ~」と思ってます。どこの国の人も訛りが酷くても文法がめちゃくちゃでも気にせず話してるし、それで良いと思います。
が、それは日常会話でお友達となら、ですね。
仕事ではそうは行かないですよね~。
近頃は幼稚園の頃からネイティブの発音を聞いているようなので、日本人の発音も良くなるかもしれませんね!
ちなみに私は子供の頃からネイティブと会う機会が結構あったので発音に困った事はあまりありません。
勉強とは別の次元の話なので環境に感謝です~!
花音 | URL | 2014/02/15/Sat 05:46 [編集]
Re: タイトルなし
花音様:コメントありがとうございます!

>>発音に困った事はあまりありません。

子供の頃に外国語の意識なく入っていくと自然に話せるんですよね。
友人の国際結婚カップルがそれぞれの母語で話しかけているのをみて、
ああ、これがバイリンガルの製造工程なのねと思いました。
こういう環境は花音様の経験を含め本当に羨ましい限りです。
ウォーリック | URL | 2014/02/15/Sat 06:13 [編集]
おはようございます
いつも楽しく拝見しています

ちょっと聞いてやってください
私がお手伝いをしているとある彫塑の制作会にやってきたイギリス人
ロンドンで仕事で彫刻をしていたからと自信満々
近現代美術本場の地の学校で学んだっていうから
最初はちやほやしていたら
?力の出し惜しみ?
も もしや 絶句! なレベル?!
それから周りがあーせいこーせい
なれない英語で私も参加
しばらくそんな感じでしたが
ついにストレスで?爆発
なんと彼、私にだけぶちきれ怒り始め
以来おたがい眼を見て話せない仲に 

私の英語で変なことになったのかなあ
とよくわからない日々を過ごしているのです
状況説明こんなんじゃ
コメントのしようもないでしょうけど
M | URL | 2014/02/15/Sat 09:31 [編集]
Re: タイトルなし
M様:いつもコメントありがとうございます!

日本人のできません。
韓国人のできます。
中国人のできました。

は、信じるなと言われているようですが、欧米人のキャリアコメントも
私は話半分で聞いています。その中でもイギリス人はまともな方だったん
ですが、もともと本物のエリート(とお金持ち)だけが行けた少数の大学が
サッチャーの改革で変わり、かつての専修学校が国立大学に化けてしまい
ました。

しかもイギリス人とEUの人は授業料がただでこれといった試験もないため
(いい大学にはあります)、誰でも入れるのが現状。それでも卒業すれば
◯◯大学卒の学士、修士が取り放題ですから実情を知らないと眉唾ものです。

特に芸術系はセンスやテクニックがすべてでしょうから、コミュニティー
カレッジ の近現代美術史や美学をかじった程度では到底歯が立たないですよね。

おそらくM様の英語ではなく、一番本物の才能とみなされて歯向かわれた
のではない でしょうか...あの国はいまだに英語の発音で労働者クラスを
見抜き影で差別しますが、真に教養のあるイギリス人は鷹揚で大人なので、
こういう人は相手に しない方がいいと思いますw
ウォーリック | URL | 2014/02/15/Sat 10:03 [編集]
なんだか得心がいきました
ありがとう!ウォーリックさん!
M | URL | 2014/02/15/Sat 21:15 [編集]
Re: タイトルなし
M様:再度のご訪問ありがとうございます!
何かお役に立てれば幸いです。

ウォーリック | URL | 2014/02/15/Sat 22:25 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/02/16/Sun 09:42 [編集]
こんにちは〜^_^

英語が話せるって、とっても素敵な事だと思います!

前にスピードラーニングを四六時中聞いてた事がありますが、断念しました(汗)(笑)

やはり外国のそこの土地に住むか、日本でなら、外国語を話す人と恋人になるのが手っ取り早い気がしますね!?どうでしょうか?

車の免許をとって運転するようになると世界が広がるって言いますが、言葉も色々な国の言葉を話せたら、とっても世界がひろがるんでしょうね〜^_^

羨ましいです(*^_^*)




ひかり | URL | 2014/02/16/Sun 16:25 [編集]
Re: タイトルなし
ひかり様:いつもコメントありがとうございます!

いつももの凄い勢いで更新されていたブログが止まっていたので、ちょっと
心配していました。元気でよかった!北海道寒そうなのでお体気を付けて。

ウォーリック | URL | 2014/02/16/Sun 17:06 [編集]
英語圏留学中の身としてとても面白く読ませていただきました。
si, shi, th の発音も良く混ざっているように思います
I think ~ が I sink~ とか。 どこに沈んじゃうの?と。

ご存知かもしれませんが、lost translation という映画では
日本人として見るとなんだか笑えるような恥ずかしくなるような何とも言えない気持ちになるカタカナ英語がたくさんありますよ。

葉月 梓 | URL | 2014/03/01/Sat 03:42 [編集]
Re: タイトルなし
葉月梓様:コメントありがとうございます!

色々言われてますよねw 中国や韓国の人達からもひどいと揶揄されるのが
悔しいです。確かに中国人の英語は日本人よりましに聞こえます。
最近は小中学生から力を入れているようなので、少しずつ向上していく
ことを願うばかりです。いろいろと偏ったブログですが、また遊びに
いらして下さい!
ウォーリック | URL | 2014/03/01/Sat 06:11 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。