猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれてくれてありがとう
赤ちゃんポストのニュースが世間をに賑わせている。某テレビ局のドラマが
色々と実在の名称を使い、結果、当事者たちを傷つけてしまうのではないかと
いう懸念から、今やスポンサーをも巻き込んで侃々諤々、世間を二分しての
大騒ぎになっている。

この件に関して、普段は大好きなコメンテーターの一人がコメントしていた。
「ドラマの放送を中止するなんて表現の自由を著しく制限する嫌な話。そんな
ことを言うなら、ディケンズのオリバースウィフトを読んだ人が、皆、小説に
影響されて、可哀想な主人公を差別するとでも言うの!」 と鼻息も荒い。

ああ、また表現の自由だ、と思う。確かに我々もこの自由の恩恵に浴している。
だからこうして私も自由にブログを書いていられるのだ。どこかの自称GDP
世界2位の国のように政府に検閲され、自由を制限されたらたまらない。でも、
この 「表現の自由」 を、伝家の宝刀よろしく何にでも利用されても困るのよ。
その一方で、都合の悪いことは一斉に 「表現 (報道) しない自由」 を振り
かざして世論誘導したり、受け取り手を無視して事実を改ざんをしたりと、
本当に首尾一貫性がない。

ディケンズの時代、イギリスの識字率は10パーセントもなかった筈。
その時代に文字として小説をたしなむ層というのは、パブリックスクール →
オックスブリッジの貴族で、十分に教養を兼ね備えたインテリだった。であれば
こそ、小説をフィクションとして楽しめる。

一方、今の時代のテレビは、一部のインテリに 「文字で伝える」 のではなく、
不特定多数をターゲットに 「ビジュアルと音響効果」 で一斉に垂れ流している。
例え文字が読めなくても、視覚からの映像で強烈なインパクトを与えられる
強力なメディア。結果的に、溢れんばかりの情報を自らの価値基準で取捨選択
して不要なものを切り捨てる能力のない子供や、扇動されやすい層にも届いて
しまうのが実情なのだ。

だからこそドラマで悪役イメージの強い俳優さんが街でののしられたり、アイドル
がストーカーに遭って暴力を受けたりするのよ。仮想と現実の区別ついていないし。
まず基本的にディケンズの時代背景とは比較できないし、であればこそ発信者側の
規制責任も必要になる。

言葉狩りのように放送コードでギチギチに縛るのは行き過ぎだとしても、今回の
ように扱う対象が子供で、その子供が周囲からいじめに遭うかも知れない、深く心を
傷つけられるかも知れないという配慮は必要でしょう。

このドラマに絡めて、あるニュース番組が児童養護施設 (1998年以降は孤児院と
言わないらしい) のドキュメンタリーを組んでいた。何気なくつけたテレビの画面には、
赤ちゃんを抱いた職員の女性と、その腰に取りすがる小さな子供の映像。
子供達の数に対して職員さんの人数が追い付かず、どうしても手のかかる小さな
子供が優先になるという。

赤ちゃんを抱いた職員さんの後を泣きながら 「抱っこ、抱っこ」 と追いかける2才の
この子は、それでも決して職員さんをママとは呼ばなかった。ああ、とっても悲しいのね...
と思うと、それ以上見続けることができなくてテレビを消してしまう。

物心ついた時、この子は一体何を思うのだろう。無条件に自分を受け入れ、そして
愛してくれる母親という存在。自分の人生は、この親の拒絶からスタートしたと悟る
瞬間。たとえ世界中を敵に回しても、命にかえて自分を守ってくれる母親の愛情や
慈しみが、人生のスタート地点で欠けてしまった。

テレビの中で声が枯れるまで泣いていた子供に話しかける。


あなたが生まれる前に交わした約束。
大好きなパパとママを選んで、これからママのところに 「生まれていくね」 と
言ったその約束を、ママはきっと忘れてしまったのね。
でも、だからといって誰もあなたの魂を傷つけることなんかできない。
世の中に望まれずに生まれてくる子なんていない。みんなおんなじ、平等に祝福されて
この世界に生まれてくるの。例え今、ママがそばにいなくても、あなたがここに生まれて
くれて、そして生きているだけで、私は嬉しい、みんなも嬉しい。
私の声は届かないかも知れない。でも、みんなのために、そして未来であなたを待って
いる、いつか会う大切な誰かのために、あたたかな道をまっすぐにまっすぐに
歩いて行ってちょうだい。

生まれてくれてありがとう。


このドラマの是非も報道の自由も分からない。でも、今回の騒動で一つだけ気づかせて
くれたこと。それは決して忘れてはいけない想いと自分の無力さ、そして、命がとても
大切であるということ。

もう少しあたたかくなって桜の花が咲くころになったら、今年もタイガーマスクの
ランドセルが誰かのもとに届くはず。

生まれてくれてありがとう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

おはようございます!

私の感覚だと、とぅしても芦田愛菜ちゃんだと難癖が・・・つくようよなw

まなちゃんは何も悪くないのに・・・

ひかり | URL | 2014/01/25/Sat 06:29 [編集]
Re: タイトルなし
ひかり様:いつもコメントありがとうございます!

年齢がいかなくても、立派に演技を職業としている女優さんですからね。
今回の出演が演技とは離れてどういう評価になるのか行方が知りたいところです。

ウォーリック | URL | 2014/01/25/Sat 06:36 [編集]
「しょせん他人の子」を平等に愛せるのか?
望まれずに生まれて来る子は本当にいないといえるのか?
私自身は、この世に存在するのは本当に感謝すべき愛のおかげ様
だと思えるけれど、
全ての子どもにそれを納得させるために、誰が慈雨のごとくに
愛情を注げるというのか?
親の無い子はそれを神に求め、タイガーマスクに求め、
伴侶に求め、己に求め、子どもに求めるかもしれない。
でも決定的な「母」の欠如は、誰にも埋められない。

時には母の無い子のように、
黙って海を見つめていたい。
だけど、心はすぐ変わる
母の無い子になったなら、
誰にも愛を話せない

親の愛ほどありがたいものはない

それが得られない子の嘆きを
埋めることはできるのだろうか

難しすぎて

私には黙して、ただ、寄り添うことしかできない・・・

そんな気持ちを、なにがしかの足しにでも、と
隠れたタイガーマスクになること、
それは本当に意味のあることですね。


takako.t.maru | URL | 2014/01/25/Sat 08:33 [編集]
私はこのドラマは見ていませんが、見ていなくても新聞・テレビの報道で
おおよその内容が分かるくらいですから、相当な浸透率ですよね。
ドラマとしては大成功なのでしょう。
大人としてやれる事は、ドラマの中の出来事と現実の見分けができ、
命の大切さを理解する、そんな常識のある子どもに育てることでしょうか。

いつも、ウォーリックさんの文章は凄いな~と思って見ています!
apricot・a | URL | 2014/01/25/Sat 08:34 [編集]
おはようございます
ドラマでも配慮は必要だと思います。
ネリム | URL | 2014/01/25/Sat 08:43 [編集]
Re: タイトルなし
takako.t.maru様:コメントありがとうございます!

突き詰めて考えると、takako様のおっしゃる通り、所詮心に空いた親の愛情など
埋めることができないのでしょうね。

>>誰が慈雨のごとくに 愛情を注げるというのか?

ここまでいくとまさに宗教レベルの話になるのかも知れません。歌手で女優の
宮城まり子さんはご自身のお母様を早くに亡くし、ご自身は独身でねむの木学園を
運営していらっしゃいますが、生涯を捧げる想いがないとできないこと
なのかと思います。凡人には真似のできない覚悟です。
ウォーリック | URL | 2014/01/25/Sat 09:08 [編集]
Re: タイトルなし
apricot・a様:コメントありがとうございます!

apricot様の仰る通り、ドラマとしての話題性はスゴイですね。独身の私には
世間のお母さんたちがどう感じているのか、非常に興味がありました。

こんなブログですが、是非また遊びにいらして下さい!
ウォーリック | URL | 2014/01/25/Sat 09:12 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

本当に線引きの難しいところですね。対象が大人であれば多少融通がきいても、
子供に影響がいくのは辛いなと思った次第です。
ウォーリック | URL | 2014/01/25/Sat 09:14 [編集]
こんにちはv-22

自分のブログでも載せたのですけどね・・
ドキュメンタリーはともかくも
この手のドラマは 胸がつまって 見られない^^;

あたしはの児童養護院の裏手で
小学校に入るまで育ったんですよ。
うちの親も いろいろ問題がある人たちで
家にほおっておかれた時もありましが
それでも 親がいるのが ありがたいと
5歳でも思いましたよ。

結婚して 乳児院のそばに
住んでました。
近所に 看護婦さんが住んでいて
産科だったんですよね。

子どもが生まれるのが嬉しいから
産科に勤めたのに 望まれない子が
生まれたら そのまま乳児院にいくと
知って 腹がたったと・・。

でもね それがないと その母親は
きっと どこかに捨てるのですよ。
今も赤ちゃんポストがないと 多分そうでしょう。

子どもは社会のもの 宝っていう
意識が低くて 親のものっていう感じだから
駄目なんですよねえ・。
自分の子供だから 好きに乱暴する
捨てる でも犯罪ですよ。

今の家も 児童施設がそばにあります。
公営のものと 私営(キリスト教)のものです。
職員さんは ほんと頑張ってますよ。
子どもたちは 親がなくなってというより
虐待や育児放棄が多いようです。

世の中の偏見や 余計な同情で(これたあるんだなあ)
色々辛くても 子供たちも頑張ってます。

でもいろいろあって 飛び出したりする子もいて
それを夜遅くまで 職員さんが捜したり
するんですよ。
大変な仕事です。
彼らにも家庭があるのですからね。

電話連絡網で 回ってきて
あたしも 玄関先とか見て みつかったかな
どうなったかなあと 思ったりしました。

表現の自由って大切ですけどね。
肉体的精神的に 傷を負っている子供たちに
更に追い打ち掛けるようなのは 嫌だなあと。

自分の父親も乱暴で 高校の時
父は亡くなりましたが 暴力的なテレビは
絶対見られないです。

知ってる子達が 児童養護施設から巣だって 
素敵な家庭を築いてほしいと思います。
長くて とっちらかってる文章ですいません^^;
800びくに | URL | 2014/01/25/Sat 12:37 [編集]
サジ加減ですねw
表現しない自由を満喫してきたマスコミが表現の自由を言うっていう…w
どの口がそれを言う??(笑)…とか言いたくなりますよね。

生まれながらにして親に恵まれない子供達。
そういう子供に出会った事はありませんけど、それに近い環境で育った子供達は何人か見てきました。
生まれながらに背負ったハンデを他の事で代価しようにも、やっぱり子供達には綺麗ごとでしかなく、ずいぶんと考えさせられた思い出があります。

受け入れる事…これしか無いのだと気付いた時、受け入れられるように仕向けてあげたり、寄り添う事しか出来ないのですよね。
そこに至るまでは勿論、配慮が必要です。

テレビ局も然り、『配慮』無くして表現の自由は語れませんよね。
ウダモ | URL | 2014/01/25/Sat 16:27 [編集]
飲み過ぎちゃっています。
大変失礼します。
何だか今日は飲み過ぎてしまって涙もろくなっています。
仰っている事スゴく解ります。。。
私もどこかで誰かのお役に立ちたいって本気で思うんです。
私も辛いときスゴく支えて頂いたのです。
全然知らない誰かからです!!
ありがとーありがとーお顔も解らない誰かに手を合わせて今夜も幸せな気分で休みたいと思います。
あなたにも有り難う!!

16 | URL | 2014/01/26/Sun 00:27 [編集]
Re: タイトルなし
800びくに様:いつもコメントありがとうございます!

いただいたコメント何度も読み返しました。看護婦さんの話や、800びくに様ご自身
のお父様との関係、そして今日に至るまでの各種施設周りでの居住と、実体験から
湧き出る言葉の重さに胸が痛みました。

>>親がなくなってというより 虐待や育児放棄が多いようです。

生まれてすぐに捨てられてしまった方が、まだましという現実なのでしょうか。
施設から逃げ出していく子供たちは一体どこに行こうとしているのでしょうね...

子供の頃の心の傷は癒すのが大変だと思いますが、心遣いの優しい素敵な大人になった
800びくに様が何よりの生き証人なのだと思います。辛い出来事は人の心を
痛めもし、そしてその結果、他の人の何倍もやさしい心を育ててくれるのかなあと
思いました。

ありがとうございました。
ウォーリック | URL | 2014/01/26/Sun 03:16 [編集]
Re: サジ加減ですねw
ウダモ様:いつもコメントありがとうございます!

まったく仰る通りだと思います。ウダモ様の文章を読んでいて思い出した
ことがあります。実は私、養護施設でボランティアをしたことがあったのです。

どうして今まで忘れていたのか、そしてなぜ今ここで思い出したのかとても
不思議でしたが....

>>受け入れる事、寄り添う事しか出来ないのですよね…

この言葉です。遊んでいる間の子供たちはとても楽しそうなのですが、いつも
大人の顔色を見るんですね。そして「また来週も来てくれるの」と聞く時の、期待
とそれ以上の諦めの表情。自分より、もう何年も多く人生の辛苦を経験したような
大人びた瞳でした。私は、その時こう思ったのだと思います。きれいごとでは
ない現実の中で生きているこの子たちに自分ができることは、ウダモ様の言う通り、寄り
添ってあげることぐらいしかできない。あの時そう感じた感覚がこの言葉でフラッシュバック
したのだと思います。貴重なコメントありがとうございました。
ウォーリック | URL | 2014/01/26/Sun 03:33 [編集]
Re: 飲み過ぎちゃっています。
16様:いつもコメントありがとうございます!

本当に不思議なのですが、全然知らない人に助けられる瞬間って結構あるんです
よね!お返しができるようになった時はもう目の前にいないなんていうこと
がたくさんあって...

あんまり飲み過ぎないようにw おやすみなさい。
ウォーリック | URL | 2014/01/26/Sun 03:41 [編集]
 記事を興味深く拝読しました。こんな重たいテーマも,語弊があるかもしれませんが「面白く」読める記事にしてしまう筆力は,いつもながらすごいなあ,と思います。

 主題とそれるかもしれませんが,自分にとって気になることを書かせてください。

 「表現の自由」というのは,国家と国民の関係の話ですよね・・・

 憲法に定める「〇〇の自由」というのは,「その自由を国家・政府が尊重・保障する」という約束です。「その自由を,政府は守る」という国民への約束。
 憲法は「国家への命令」であって,国民への命令ではない。このへんが,あいまいな人が少なくないように思います。

 私たち「民間人」どうしで「あのドラマはけしからん」とか非難したり反論したりするのは,「表現の自由」を侵すとか侵さないの話しとは,ちょっと意味がちがうはずです。それぞれの意見を「自由」の権利に基づいてぶつけあっているということ。記事に出ていたコメンテーターさんは,どんなつもりで言っていたのでしょう・・・

 ただし,国家が事業許認可権を持つ放送業界のなかでの「自主規制」となると,「国家による表現の自由への侵犯」の可能性が出てくることもあります。

 でも今回のドラマの件に政府が口を出してくるとは,私には思えません・・・

 今回のドラマをめぐる議論で,「表現の自由」がどうのこうの,というのは私もやはり違和感があります。
 くりかえしになりますが,そこには憲法に定める「自由」についての誤解があるのかもしれません。 
 
そういち | URL | 2014/01/26/Sun 09:15 [編集]
Re: タイトルなし
そういち様:コメントありがとうございます!

ご説明いただくまで疑問にも思っていませんでしたが、そうですよね!だって
コメンテーターというポジション自体、表現の自由で成り立っていて、そこで今回の
ようなことを好き勝手話している訳ですから。

それにしても、どうしてそういち様の文章は、こう淡々と説得力があるのでしょうw 
勿論これがプロのプロたる所以なのだと思いますが...鋭いご指摘ありがとう
ございました!
ウォーリック | URL | 2014/01/26/Sun 09:30 [編集]
パパ店長です
1拍手
では足りませんね、改めて親としての気概というものを確認させていただきました。
ありがとうございます!!
パパ店長 | URL | 2014/01/27/Mon 21:18 [編集]
何よりあなたが、素晴らしい。
お元気ですか?

改めて

あなたの「愛」の

大きさと、深さに

愛を感じます。

これからも、「闇」も「光」も

包みこんで下さいね(^-^)
ことば絵描き | URL | 2014/01/27/Mon 22:08 [編集]
Re: パパ店長です
パパ店長様:いつもコメントありがとうございます!

何かとっても褒めていただいてありがとうございます。独身の私がきれいごと
を書いてしまったようで恐縮です。
ウォーリック | URL | 2014/01/28/Tue 18:11 [編集]
Re: 何よりあなたが、素晴らしい。
ことば絵描き様:いつもコメントありがとうございます!

こんなに綺麗なコメントをいただいてありがとうございます。でもご存じの
通り、ほぼ100%闇の私ですw また遊びにいらして下さい!
ウォーリック | URL | 2014/01/28/Tue 18:12 [編集]
はじめまして、花音と申します。
このドラマ見ていないのですが、ウワサだけはちらほら。。
私は子供を授かる事が出来なかったので
(今は自分の病気の治療で子作り出来ないのです。)
お母さんが生まれてくる子とした約束を忘れてしまった事・・・
特に残念に悲しく思います。
でも、やっぱり生まれてきてくれてありがとうですね。
生きてるだけで丸もうけ。
って、私も自分自身に思います。
花音 | URL | 2014/01/31/Fri 16:35 [編集]
Re: タイトルなし
花音様:コメントありがとうございます!

私は独身ですが、であればこそ子供は社会共通の宝として一緒に育てて
あげたいと勝手にw 思っています。花音様のブログにお邪魔しておりますのが、
癌治療等、日々人に言えないご苦労があるかと推察されます。でもこうして人に優しい
想いを向けられる方ですので、これからもどんどん回復されていかれると信じています。
深いご事情は存じ上げませんが、もし可能性が少しでもあるのであれば、お子さんも
諦めないでくださいね!きっと素敵なお母さんになると思います。
ウォーリック | URL | 2014/01/31/Fri 16:55 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/02/08/Sat 06:32 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。