猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証拠
またブログが放置プレイになってしまった。

前回の記事にはもの凄い数のコメントと拍手コメをいただき本当に驚いた。
実際、あの記事をアップする時点でかなり迷ったのは事実。このブログを始める時に
自分の中で決めたルールとして、宗教、政治、人種人権ネタは避けようと心に決めて
いたのだもの。

これは外国人と付き合う時と同じルール。他の人のブログに書かれているのを読む
のは楽しいけど、注意散漫な自分が書くときは避けようと思っている話題がこの
トピックスだった。

個人のブログとはいえ、必ずしも私と同じ意見をもつ人ばかりではないし、不用意な
言葉で誰かを傷つけてしまうのも困る。公開して不特定多数の目に触れる限り本当に
気をつけたいと思っていた。でも今回は、何が何だか分からないうちに色々なことが
偏向報道されている気がして、ついアップしてしまったw

きっと 「何アホな事書いているんだ、こいつは」 ぐらいに思われた方もいらっしゃる
と思いますが、何卒ご了承下さいませ。猪瀬さんは筋書通り辞職され、マスコミの
方々もさぞや溜飲が下がったことと思います。果たして次のターゲットは誰になる
ことやら。

と、いうことで私のブログは、通常運転に戻ります。
今回はくれぐれも閲覧注意です。


いよいよ2013年も大詰めを迎え、激動の一年を振り返る私。そして年末の頭痛の種と
言えば大掃除だ。これは重労働で、決して1日2日で終わらないのが例年の常。そこで
今年は少しずつ前倒しで進めようと心に決めた。1階リビングの拭き掃除が終わり、
さて今度は和室、と腰を上げた瞬間、私の後ろでピカピカにしたフローリングにピッチ
がゲロを発射。そのまま一目散に逃げながら、途中、観葉植物の鉢をなぎ倒し、一面に
広がる腐葉土の波。こうして猫のお手伝いと共に、毎年恒例の水前寺清子 「三百
六十五歩のマーチ」 が始まる。そう、何日経っても前に進まないアレだ。

どっと疲れて逃避に走った私は、先にデータの整理をしようかなと思って携帯の
フォルダを開いた。すると出るわ出るわ、撮りっぱなしのイミフな画像の数々。いや、
私には1枚1枚にそれは深い思い入れがあるのだけど、他の人から見たら一体
なんのことやらという写真たち。

これは私が出会った事件の証拠物件なのだ。

このブログを読んでいただいている皆様であれば、私の周囲が常に恐怖に包まれて
いることをご理解いただけると思う。私はこうした不可解な出来事を会社の同僚や
友人達に話すのだけど、誰一人として信じてくれない。

これはひとえに私の信用のなさなのだけどw あまりに話の内容が突飛なため、にわか
には信じられないと言う。そんなケースが続いて悲しい気持ちになったので、何かが
起こったときは証拠の写メを撮ることに決めた。勿論、人様に向けてパチリはないので、
周辺の物証をカシャカシャ撮りためては、友人達に実況をつけらながら見せている。

そんな中から今日は3点ほどご紹介。

いつも通りの電車に乗った私は、車両と車両の継ぎ目にある3人掛けの席で居眠りを
していた。珍しく空いている車内は静かで、一席あけて隣には疲れたサラリーマンが
爆睡していた。途中目が覚めた私は、反対側の連結部のドアをあけて一人の女性が
歩いてくるを発見。すると私のセンサーが目を覚ませと叫んでいる。そう、なにか
怪しいのだ。

真っ黒な長髪はストレートな武田鉄矢。目の下にくっきりと描かれたクマ?メイク。
しかし眉毛はない。おそらく20代と思われる地味な女性の実年齢は不詳。実は50upかも
知れない。昭和の臭いがする水玉のワンピースに、きょうび見かけない白のエナメル
スリッポンを履いている。サイズが合わないのか、歩く度に規則正しく飛び出す
ガフガフ音がしょっぱい。顔は全体的に漫画家の蛭子 (えびす) さん風味だ。そんな
彼女が、大きな紙袋を肩に掛けてこちらに向かって来る。その袋の底には穴があいていて、
ゴンと音をたててトマトが飛び出した。それに気づいたOLさんがひび割れたトマトを拾い
上げて蛭子女に届けてあげる。

 「あの、これ落ちましたよ」

するとOLさんに向かってきっぱりと言い放つ蛭子女。

 「ちょっとおねーちゃん、ウンコ臭いよっ」

電波系だわ....その瞬間、熟睡する私。こっちに来るなと心の底から祈りつつ、薄目を
あけて事の成り行きを見守った。その後も定間隔でトマトが落ちるのだけど、皆、怖れを
なして拾えない。下手に親切心を起こそうものなら、衆人環視の中、無慈悲なウンコ臭い
攻撃をくらってしまう。電車の動きに合わせてゴロゴロと転がるトマトたち。いよいよ
私の好きな阿鼻叫喚になってきた。次の駅の乗客の反応が楽しみで仕方ない私。すると
車両の真ん中まで来た蛭子女がオバサンの前で立ち止まり、きっぱりとした滑舌で叫ぶ。

 「おばちゃんもウンコ臭いよっ」

蛭子女は歯茎全開。300年の歴史をもつお寺の国宝として珍重される掛け軸に描かれた
幽霊の歯茎か、はたまた歌丸師匠の歯茎。OLさんのように、このおばちゃんも打ちのめ
されるのだろうか。皆が息をひそめて見守る中、おばちゃんが電波女に向かって一言、

 「アラ、そうなのぉ」

これが年輪というものだ。子供を産んだ女はちょっとやそっとでなぎ倒されたりはしない。
あまりにのれんに腕押しで、そのままそそくさと立ち去る蛭子女。そして着実に私に近づいて来る。
目を固く閉じて歯を食いしばる私。すると足音は同じ並びの爆睡サラリーマンの前で止まった。
薄目を開けて恐る恐る見あげると、消火器が置かれたスペースの上にある幅5センチほどの
棚に蛭子女が袋を置いた。よっこいしょ、とか言っている。そしてゆっくりと車両の間のドアを
見つめ、ガラスに向かって話し始めた。

 「私が今、心の中で思っていることを誰かに聞かれたらどうしよぅ」

斬新な発想だった。ここから彼女の 「心の声」 が逐一つぶやかれていく。

 「恥ずかしいけど大丈夫。誰も私の心の中を見ることなんてできないのよぅ」
 「今日買った42個のトマトで佃煮を作って輪にするのよぅ (?) 」
 「カズキさんはコウモリね (?) ふふふ」

そう言ってこちらを振り向いた瞬間、あの穴からまたトマトが飛び出した。ドビュッという
鈍い音を立てて破裂する完熟トマト。その中から大量の汁が発射されると、爆睡サラリー
マンの薄いグレーのスーツ一面に飛び散った。

まるで血のようににじんだトマト汁。さすがにこれには蛭子女もビビった様子で、袋を肩に
かけるや、穴からゴンゴンとトマトを放ちながら次の車両に逃げていった。

蛭子女が閉めたビシャンというドアの音で目を覚ましたサラリーマンは、自らのスーツに
飛び散った血痕に怖れおののき茫然としている。電車が停車するやいなや、 「パネーっ」
と叫びながら下りて行った。その後に残されたトマトがこれ↓

tomato_convert_20131223235924.jpg



次は海辺でのお話。
友人達と季節外れの九十九里浜にドライブをした時の事。秋の浜辺にいたのは一組の家族連れ
だけだった。若い夫婦と幼い二人の兄弟。お兄ちゃんは5才、弟は3才くらいの活発な兄弟だ。
弟はコンブの束を振り回しながら、無言でお兄ちゃんの作った砂山を破壊している。

微笑ましい砂山の光景に、先日公園のお砂場で遭遇した兄弟を思い出す私。カラフルな
おもちゃのバケツと熊手をもった幼い兄弟は、公園に着くとさっそくお砂場に飛び込んで熊手
で砂を掻き始めた。すると出るわ出るわ、猫の大便がゴロゴロと発掘されている。

弟君はそれを一つずついとおし気に拾うと、お兄ちゃんのバケツに放り込んでいた。私は急いで
母親の姿を探したものの発見することができず、恐ろしくなってそそくさとその場を後にした。
どうしていいか分からなかったのよ、実際。

今、目の前で砂遊びに興じる兄弟。この大自然の中なら、よもや猫のウンコが仕込まれている
などとうこともないだろう。安心した私は、友人達とその場を去ろうとした。するとお兄ちゃん
の方が突然、崩れた砂山のふもとを掘り始め、何やら発掘したものをバケツに集め始めた。
それを見ていた弟君も必死にお兄ちゃんを手伝っている。

 「たくさんあるね、風船♪」

えっ?と思う。九十九里の砂浜から大量の風船が出土している。私が中身を確認する前に、幼い
兄弟は大きなバケツを抱えて行ってしまった。

 「ママ~っ、きれいな風船がいっぱいでたよ」

そのバケツの中身を確認した母の悲鳴が、九十九里の浜辺にこだました。

一体、風船とは何なのだろうと、砂山のそばに駆け寄る私。そこで兄弟のバケツからこぼれ落ちた
風船を撮ったのがこれ↓

ichijiku_convert_20131224000021.jpg

ピンクのいちじく浣腸よ。
しかも使用済み ((;゚Д゚) (゚Å゚;) あの兄弟は使用済みの浣腸をこんもりとバケツに
盛って母に献上したのだ。これならまだ公園のお砂場の方がいいのかどうか。今となっては、
なぜこの 「風船」 が大量に埋蔵されていたのか誰も知るよしはない。


最後になぜ携帯のファルダに入っていたのか分からない画像を一つ。こちらは今をときめく
きゃりーぱみゅぱみゅの親友、げーはーこ様↓

繧イ繝シ繝上・繧ウ_convert_20131224000132

勝てる気がしない....


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

おはようございます

ひかりです

とても面白いお話しで、しかも画像付きで・・・
ありがとうございます^_^

サラリーマンの方、お気の毒ですね〜
トマトの血痕がスーツにw


子供の無垢な気持ちで発する言葉
どうみても風船に見えたんでしょうね
膨らませなかったですか?w

海は果てしないですね!
ひかり | URL | 2013/12/24/Tue 08:21 [編集]
こんにちは
マナーの悪い人はいるんだなと思いました。

特に年末のこの時期は気を付けたいです
ネリム | URL | 2013/12/24/Tue 12:23 [編集]
Re: タイトルなし
ひかり様:いつもコメントありがとうございます!

友人からは「他に撮るものがないの?」の嵐です。

>>海は果てしないですね!

本当にw 何でもありですね。でもあのイチジクたちは故意に埋められたと
睨んでいるのですが。いずれにしても、クリスマスイブにアップする記事が
これな時点で私は詰んでますよねw


ウォーリック | URL | 2013/12/24/Tue 22:49 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

メリークリスマスです!今年は私の変なブログにいつもコメントをつけて
いただいて本当にありがとうございました。酔っ払いが多い時期、遅くなる時は
是非タクシーを使って下さいね。
ウォーリック | URL | 2013/12/24/Tue 22:53 [編集]
トマト女は怖いですね~なんか目を合わせたら最後のような。。
オバちゃんはナイスな受け答えでしたね。

風船は何と申し上げて良いのやら。。秘密の隠ぺいだったんでしょうか。
それともグロい 何かのプレイの残骸だったのか。。。

気になります
まろんタルト | URL | 2013/12/25/Wed 22:42 [編集]
Re: タイトルなし
まろんタルト様:いつもコメントありがとうございます!

こんな下品な記事にコメントすみません。私的には正体が分からない分、風船の
方が怖いですw 小さなバケツいっぱいの使用済み浣腸(しかも業務用ではない)は
一体誰得かと。おそらくまろんタルト様の推理通り<何かのプレイの残骸>wとしか
思えないのです。何も知らない幼児が素手で集める図が怖くて怖くて...
ウォーリック | URL | 2013/12/26/Thu 00:26 [編集]
こんにちは。

毎度の「ネタの宝庫」な方ですね。

これからも、『ダークな中にも愛がある』オハナシ、

ご紹介下さい。(^-^)


お体ご自愛下さい。
ことば絵描き | URL | 2013/12/26/Thu 08:22 [編集]
Re: タイトルなし
ことば絵描き様:いつもコメントありがとうございます!

今年一年色々な形でコメントをいただき大変励まされてきました。
ことば絵描き様のように言葉に力のある方のブログは、この気ぜわしい世界で
一服の清涼剤に感じられます。

私のブログはこんな感じで申し訳ないのですが、引き続き遊びにいらして
ください。ちょっと早いのですが、最近ブログ更新の間が空いているのでw ここで
年末のご挨拶。来るべき2014年も平和で愛に満ちた、素晴らしい一年で
ありますように。
ウォーリック | URL | 2013/12/26/Thu 16:22 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/12/27/Fri 04:47 [編集]
トマトもったいないですね。
お久しぶりです。
猫ちゃんたちはお元気ですか?

私は精神的に身動きがとれなくなり、外に目をあえて向けずに生活しておりました。
久々にここにお邪魔し、前向きに頑張ろうかという気持ちの今現在です(笑
私はトマトが大好きなので、トマトを無駄にするくらいなら、頂きたいですねえ。
何か悪態つけられそうですが(爆

さてこれからですが、色々変わっていく気がしますね。
私は世界が根底から激烈に変わっていく気がします。
面白そうです!天変地異大好きですから!!トマトも好きですが、、、。
NewOrder | URL | 2013/12/27/Fri 15:15 [編集]
おもしろすぎ
ちょっと恐いけど、笑えました。しかも事実だし。
わたしの書いている童話につかえないか、思案しています。
piano | URL | 2013/12/27/Fri 20:41 [編集]
Re: トマトもったいないですね。
NewOrder様:いつもコメントありがとうございます!

>>私は精神的に身動きがとれなくなり、外に目をあえて向けずに生活しておりました

そんな時もありますよね。でもさすがにNewOrder様、あえて外に目を向けない
方便を心得ていらっしゃいます。大人と子供の違いは、自分を守る術を知っているか
どうかなのではないかと思えるこの頃。私は何かあればバタバタと騒ぎ立てるだけの
タイプなので、少し頑張って精神的な巣篭もりができる大人になりたいと思っています。

>>世界が根底から激烈に変わっていく気がします

敏感な方はすでに感じ取られていますよね。外的な要因だけでなく、人間の意識
そのものが変わりつつある今の潮流。私も何か劇的な変化の中にあるのかな、
とワクワクしています。

またいらしてください。
ウォーリック | URL | 2013/12/28/Sat 01:43 [編集]
Re: おもしろすぎ
piano様:コメントありがとうございます!

>>わたしの書いている童話につかえないか、思案しています

(°д°;;)えっ、ど、童話ですか?いちじく浣腸ですよっ...
こんな感じのブログですが、是非またいらしてください!
ウォーリック | URL | 2013/12/28/Sat 01:48 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/12/28/Sat 18:26 [編集]
こんばんは
蛭子女話、興味深く読ませていただきました。
年末年始になると、さらに公共の場におかしな人たちが増えますよね。
私もなぜか変わった人を吸い寄せてしまう性分らしく、気を付けたいと思います。
かぴさん | URL | 2013/12/28/Sat 22:21 [編集]
ウォーリックさん
今年は度々のブログ訪問ありがとうございました
負担のないインターバルで面白い話きかせてくださいね来年も!
どうぞ良い年をお迎えください
水嶋康惟 Mizushima Y. | URL | 2013/12/29/Sun 12:16 [編集]
Re: タイトルなし
かぴさん様:いつもコメントありがとうございます!

>>私もなぜか変わった人を吸い寄せてしまう性分らしく、気を付けたいと思います。

あ、私のお仲間ですね!年末は油断できませんよ~w
是非またブログの方で楽しい新ネタお聞かせください。

また来年も宜しくお願いします!
ウォーリック | URL | 2013/12/29/Sun 16:11 [編集]
Re: タイトルなし
水嶋康惟 Mizushima Y.様:いつもコメントありがとうございます!

ご本名で登場ありがとうございます。
こちらこそたくさんのコメントを残していただいて本当にありがとうございます。
精力的な作品制作のM様の姿勢に頭が下がるばかりです。

来年もまた水嶋様にとって素晴らしい年になりますように。
ウォーリック | URL | 2013/12/29/Sun 16:18 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/12/29/Sun 20:16 [編集]
今年もよろしくですm(__)m
同じく私も、宗教、政治ネタだけは書くのをよそう!って決めて今までやってきましたが、どうにもこうにも我慢できない事がたくさんあり過ぎてついwww
でもまあ、一度書いてしまうと吹っ切れるのでしょう、今では初心などお構いなしに書いております(笑)
ウォーリックさんの視点から見た政治問題の切り込み方、私は好きですよ。
押し付けがましくなく、とても上品に仕上げていらっしゃる。
そういう書き方なら、私はいいと思います^^
ウダモ | URL | 2014/01/02/Thu 17:10 [編集]
Re: 今年もよろしくですm(__)m
ウダモ様:いつもコメントありがとうございます!

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
ウダモ様のブログで展開される鋭い視点にいつも敬服しています。
私はウダモ様のように政治を深く切る視点をもたないので、いつも羨ましく
拝見してます。本年もまた宜しくお願い致します!
ウォーリック | URL | 2014/01/02/Thu 20:27 [編集]
パパ店長です
明けましておめでとうございます
これからもどうぞよろしくお願いいたします

トマト……
日々、通勤に電車を利用している私にはとても他人事とは思えない光景です
世の中色んな人がいるな、というよりは世の中どうなってるんですか?という人の方が実に多いと感じます

そして九十九里♪
幼い頃から慣れ親しんでいる、あの浜辺でそんなものが…
干からびた亀が打ち上げられているのは見た事がありますが。
しかも恐る恐る近寄って見てみると「剥製」
一宮川河口付近の砂浜でした
パパ店長 | URL | 2014/01/02/Thu 23:17 [編集]
Re: パパ店長です
パパ店長様:いつもコメントありがとうございます!

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

>>一宮川河口付近の砂浜でした

いちじく浣腸発掘現場が、まさにここですw ここいら辺にはよく行くのですが、
その都度何か収穫があります。相変わらずのブログですが、今年も変わらぬ
ご愛顧の程、何卒宜しくお願い致します。
ウォーリック | URL | 2014/01/03/Fri 00:03 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。