猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪霊島
私は横溝正史の大ファン。

仕事が立て込み疲れて帰った来た日は、コーヒーとお菓子を用意して横溝作品を
開く。勿論、原作ばかりでなく、映像の世界に逍遥するのも楽しみの一つ。特に昭和の
時代、一流の脚本家や監督、そして、贅沢な俳優陣を使って制作された映像美の
世界に浸るのは至福のひと時。夜な夜なアマゾンを訪れては、デジタルリマスター化
されたドラマ版や、東宝、角川、松竹それぞれの映画版を買物かごに入れている。

そんな中、久しぶりにケーブルテレビで見た 「悪霊島」 が凄かった。
鍾乳洞、二大勢力のいさかい、双子といった横溝正史のキーワードを踏襲しては
いるものの、これまで個人的にあまり萌えることのなかった作品だ。

私は確かにこの映画を見たはずなのだ。「鵺の鳴く夜は恐ろしい」 という角川特有の
コピーや、ビートルズの Let It Be を主題歌に使い、話題性たっぷりでヒットした映画。
なのにこれ程まで強烈な内容がなぜ記憶に残っていなかったのか訳がわからない。多分、
あまりにも子供過ぎた私は、目の前で展開される行為の意味が分からなかったのだと思う。
当時はアール(R)指定なんてなかったもの。

主人公は古尾谷雅人。その他、バイプレーヤーに伊丹十三、室田日出男、大塚道子、
佐分利信といった豪華メンバーを配しているものの、今や誰一人として生きていないという
事実。その死因が自殺や原因不明の死で彩られ、Let It Be の使用権が切れて長らく
埋もれていたというから、長く日の目をみることもなく志麻様のことも忘れてしまって
いたのだと思う。

野犬に食い殺されて体が屠殺場と化した岸本加代子や、ダッチワイフのような石橋
蓮司の女装、さらに金田一耕助役、鹿賀丈史の鼻穴などなど。見どころは多々ある
ものの、岩下志麻というたった一人の女優の怪演で他の存在感が全て吹っ飛んで
しまった。

映画 「疑惑」 では、桃井かおり演じる前科4犯の鬼塚球磨子 (おにづかくまこ...凄い
名前だ) と戦う辣腕弁護士役を演じた志麻様。知的でクール、上品で清楚な役柄の
似合う女優だった。

この 「悪霊島」 では、そんな志麻様の体の中に、清楚な 「巴」 と淫乱な 「ふぶき」 の
心が宿っている。二重人格、サイコで電波な彼女の中で、巴とふぶきがせめぎ合い
交互に入れ替わっては次々と殺人を犯していく。

ある日、娘役の岸本加代子が母親の部屋の前を通りかかると、合わせ鏡を見ながら
紅を引いた志麻様が、まさにこれからガバマンふぶきに変身しようとしている。ジロリンと
目の色が変わると、清楚な着物の裾をはだけて志麻様が横たわる。そして、娘の見て
いる目の前で 「あ゛~ っ」 と言いながらオナ◯ーをするのだ。

し、志麻様がオナ◯ー.... щ(゚д゚щ)カモーン

かつて映画 「楢山節考」 で獣姦を繰り返す左とん平を不憫に思った清川虹子が
長らく未使用の女性自身を再利用するシーンで、姥捨てという映画全体の重い
テーマが崩壊した 。・゜・(/Д`)・゜・。 また 「泣いてたまるか」 でストリッパー役の
市原悦子がM字開脚をした時は、さすがにテレビの前で倒れた私。今、考えると
昭和はエロかった。

たとえば清川虹子が獣の代わりにあてがわれても、なんとなくヨゴレで済まされるけど、
あの岩下志麻が文芸作品でオナ◯ーをするなんて。彼女は仕事を選べるし、第一この
映画の監督は志麻様の夫ではないの。

オナ◯ー連発は岩井志麻子 (5時に夢中木曜レギュラー) のようで嫌なのだけど、
そもそも岩下志麻クラスの女優が銀幕でご披露することではないのだ。

その後、洞窟で合体双生児のミイラを抱いた志麻様は、電波ゆんゆんで伊丹十三に
サカって断られるや、「ホーッ」 とバンザイしながら洞窟の竪穴に落ちていく。
何だかもの凄い映画だわ。

ここまでネタバレ進行しておきながら、是非お勧めしたい一本。
くれぐれも覚悟してご覧ください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

おはようございます。
ネリムです。

昔の映画は今みたいに
規制が厳しくなかったので
過激な描写がてんこ盛りなのだと思います。
ネリム | URL | 2013/10/17/Thu 08:54 [編集]
失礼します。

読んでいてこんなに興味深い映画紹介も珍しいですね(笑)もちろん、芸術をたしなむという意味で、一人、部屋を暗くして鑑賞したいなあと思いました。

今、考えると昭和はエロかった。

素晴らしいの名言です。
どですかでん次郎 | URL | 2013/10/17/Thu 09:10 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

放送禁止用語も含めて、昔は結構自由でしたよね。いちいちピーを入れたら、
番組自体が成り立たないようなものもありそうですし。
ウォーリック | URL | 2013/10/17/Thu 20:38 [編集]
Re: タイトルなし
どですかでん次郎様:いつもコメントありがとうございます!

俳優さん一人一人の演技がしっかりしているので、落ち着いてその世界に
入っていける感じです。事務所の力やアイドル人気とは関係のないところで
演劇が動いていた時代でしょうか。
ウォーリック | URL | 2013/10/17/Thu 20:43 [編集]
一本の葦
イヤハヤ、こちらへ寄せていただく度に、毎回、驚愕の事実を知るにつけ、
いかに自分が無知であるかをを思い知らされます(笑)

あの清楚な岩下志麻が・・・
でもまぁ、それはあくまで映画の中の演出なんでしょうけど。
と言いつつ、「清楚」というイメージもあくまで表面的なものでしかないのかも知れず・・・。
清川虹子、また市原悦子の件もしかり。
「エロ」はことほど左様に興味深、くまた滑稽で、かつ奥深いものなのですね~。
「性」は「生」なり、というところですか・・。
| URL | 2013/10/18/Fri 09:25 [編集]
Re: 一本の葦
一本の葦様:いつもコメントありがとうございます!

この記事を書いた後に思い出したのですが、数年前に確かうどんのCMで
レースクイーンのコスプレをされていました....

実はあまり仕事を選ばないのかも知れません。それでも72才であの美貌はないと
思います。本当の意味でプロの女優さんかと思います。
ウォーリック | URL | 2013/10/18/Fri 10:06 [編集]
金田一耕助
シリーズは好きでしたよ。
犬神家の一族も
小学校の頃
TVでよく見ました。
湖から、足が出ているシーンは
プールで真似したりして。
小判鮫のコバンちゃん | URL | 2013/10/18/Fri 16:27 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/10/18/Fri 17:52 [編集]
Re: 金田一耕助
コバンちゃん様:いつもコメントありがとうございます!

>>小学校の頃TVでよく見ました。

そして浜田省吾ファン。コバンちゃんは一体何歳なのでしょうww
ウォーリック | URL | 2013/10/18/Fri 18:05 [編集]
Re: タイトルなし
800びくに様:いつもコメントありがとうございます!

羨ましい限りです!ご本人は犬神家の一族映画版で、坂口良子のいる旅館
の主人役で登場していますよ。背が高いんですね!
ウォーリック | URL | 2013/10/18/Fri 18:08 [編集]
関係ないけど・・・
ズバリ!

金田一幸助は古谷一行が良いでしょう!
Edu-One | URL | 2013/10/20/Sun 02:28 [編集]
Re: 関係ないけど・・・
Edu-One様:コメントありがとうございます!

私も金田一耕助といえば古谷一行だと思います。原作者の横溝さんも一番
イメージに近いとお話しされていたみたいです。

ドラマが大ヒットして役が固定されたため、映画版にはほとんど出ませんでした
けど。
ウォーリック | URL | 2013/10/20/Sun 09:35 [編集]
はじめまして。

私も昭和の時代、悪霊島を見て、ものすごく衝撃を受けました。
志麻さまの衝撃シーンもすごかったですね~
レット一イットビーが不思議と映像にマッチしていて、
舞台になった島に行ってみたくなってワナワナしたものです。
久しぶりに私も見たくなりました。
まろんタルト | URL | 2013/10/21/Mon 00:34 [編集]
なんの話だったか忘れたけど・・・
金田一耕助に想いを寄せる女中さんが持ってきた飯を食いながら、

「メシが上手い! このタマゴ(ノリだったかな?)最高だ!」

みたいなコトを言う、武骨で女心の解らないモッサイ男に、小さな僕は

メロメロになり、なぜか? 不思議な魅力を覚えました!

ダンディズムみたいなもんですかね?

大きくなったら、あんな風になりたい!

って・・・

それと、なんでか被るのが、刑事コロンボのP.フォーク氏。

昨年でしたか?

突然の訃報を聞き、とてもく残念でした。

僕が妻を「ウチのカミサンがね・・・」というのは、彼の口癖の真似!

もじゃもじゃ頭ではないですし、よれよれのコートでもないですが・・・

あの『男くささ』や『しつこさ』には敬意を表します。

しつこい性格は、間違いなく、彼のせいかな?

大好きな探偵(刑事)さん達でした。

憧れてましたねぇ~

いまでも!


※先のBLOGで『耕助』の字が間違っていてお恥ずかしいです!

また関係ない話でBLOGを汚してしまってスイマセン。。。

Edu-One | URL | 2013/10/21/Mon 02:51 [編集]
Re: タイトルなし
まろんタルト様:コメントありがとうございます!

時代設定が昭和の戦時中やその前のあたりで、街並みや時代背景にノスタルジック
な味がある作品が多いです。それにまろんタルト様がおっしゃる通り、ロケ地も
素敵で、つい足を運びたくなってしまうような島や湖がたくさん出てきます
よね。秋の夜長を横溝作品でお楽しみください!
ウォーリック | URL | 2013/10/21/Mon 11:36 [編集]
Re: なんの話だったか忘れたけど・・・
Edu-One様:いつもコメントありがとうございます!

石坂浩二が女中の坂口良子(2006年版では深田恭子)に向かって言う「生卵」ですね。
坂口良子もピーターフォークも最近亡くなってしまって寂しい限りです。

これに懲りずにまた遊びにいらして下さい!
ウォーリック | URL | 2013/10/21/Mon 11:42 [編集]
あぁ~
あれは古谷一行ではなかったんですかね?

記憶が曖昧で申し訳ないです。


Edu-One | URL | 2013/10/22/Tue 02:52 [編集]
Re: あぁ~
Edu-One様:いつもコメントありがとうございます!

実はTBSテレビシリーズの「悪魔の手毬歌」で、古谷一行が同じようにサトイモを
食べるシーンがあったりします。色々な人がやっているのでぐちゃっぐちゃに
なってしまいますよねw

やっぱり金田一と言えば、古谷一行です!
ウォーリック | URL | 2013/10/22/Tue 04:16 [編集]
ウォーリックさんは、横溝正史が好きなんですね。
実は私も大好きで、今年の夏前は何年ぶりの個人的な横溝正史ブームだったくらいです(笑)

> し、志麻様がオナ◯ー.... щ(゚д゚щ)カモーン

そうそう。
あれは、ちょっと衝撃的なシーンでしたよね(笑)
なんといっても、あの野太い声!
そして、その後の「まほぉ~」って言う声の様変わり ←憶えてるもんだ(笑)

それと、他の方もコメントで書いてますけど、Let it beが不思議なくらいマッチしてたのがとっても印象深かったです。
とか何とか書いてたら、無性に見たくなってきましたけど、確かラストでLet it beが流れるバージョンは見ることができないんですよねー。
残念(笑)

ひゃく | URL | 2013/11/04/Mon 16:50 [編集]
Re: タイトルなし
ひゃく様:コメントありがとうございます!

今月もケーブルテレビで放送しますよ、悪霊島!すごくお詳しいのでびっくり
してしまいましたw
Let it beに関しては、別な歌手がカバーしているバージョンが使われて
いるようです。
ウォーリック | URL | 2013/11/04/Mon 20:42 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。