猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの人は今
今年1月このブログを立ち上げた当初、私には夢があった。

一般女子のブログのように、「今日食べたスィーツ♪♪」 「街角で出会った子猫ちゃん」
「渋谷のお店で見つけたかわいいアクセ」 みたいなトピックスに撮りだめした写真を
ちりばめて、女子力溢れるキラキラ感で飾り立てたい。

そして、半年が過ぎた私のブログタイトルたち。最近の主なものを拾い上げて
みただけでも、「ちんすこう」 「ベルク・カッツェの靴」 「お蝶夫人と汚超腐人」
「しょんべん芸者」 「女装子」 「おおブレネリ」 「尿漏れパンツ」 などなど....

そこにはスィーツもKawaii!もない、ただ荒涼とディープでマニアックな世界が広がる。
意図したものとは全く逆の方向に、ひたすら先鋭的に突き進んでいるような気が
してならない。読者のコメント覧には 「魂の根底に武士道精神を感じます」 とか
「ニューハーフかと思いましたっ!」 といった言葉が飛び交い、女子力という
言葉はもはや木っ端みじんに。

もう 「私の好きなハーブティーのお店」 的なトピックスには、後戻りできないのね。
そう書きながら、そこはかとない胡散臭さを感じる私。そもそもそんな可愛いブログは
無理なのだ。まっすぐに前を向いて、この阿鼻叫喚なブログを続けるしか道はない、
と気持ちを新たにする。

今日のお題は昭和の昔芸能人。少し前の世代の女優さんを中心に、「あの人は今」
的なランキングしてみたい。

第5位 松尾嘉代
かつて2時間ドラマの女王の名をほしいままにし、数々の役柄に果敢に挑戦して
いた彼女。主役扱いなのに罠にはめられてベッドに連れ込まれたり、貞淑な妻
なのにベッドに連れ込まれたり、凛とした旅館の女将なのにベッドに連れ込まれ
たり、悪女風キャリアウーマンなのにベッドに連れ込まれたり。

飄々とした演技の中に秘めた女の情念や嫉妬、エロスを演じさせたら右に出る
ものはなかった。加賀まりこを出刃包丁で襲い、「あら」 と一瞬驚いている
うちに、いつの間にかエロいことをしているような役が多かったの。

当時、50歳を目前に発表したヌード。熟女ヌードというと、どうしても怖いもの
見たさが先にたって一部のマニア向けだったりするけど、彼女のヌードは本当に
きれいだった。

ここで熟女ヌードにちょっと寄り道。

相当昔の話ではあるけど、それまでグラビアといえば雑誌で表紙を飾るにふさわ
しい人だけがヌードになることを許されていた。日活ロマンポルノ 「燃える団地妻」
の白川和子姉さんのような女優 (なんだか団地妻がツボだわww)。

それが80年代に入るあたりから、にわかに世間の嗜好が変わり始める。世の中
がバブルに突入する時代、人々は「普通」というものに飽きていたのかも知れない。
そんな1億総変わり者願望の中、ある種の雑誌で頻繁に熟女たちが服を脱ぎ始めた。

演歌歌手の島倉千代子が流木にしなだれかかって二の腕の振袖や三段腹を
さらしたり、林真理子がカメラ目線でB畜を披露したり щ(゚ロ゚щ)

あげくの果ては、加山雄三の父上、当時70歳近い上原謙様の愛人として登場
した大林雅美が、お騒がせヌードを発表。図らずも本屋の店頭で立ち読みをした
私は、いきなりガマガエルのようなおケツのアップにさらされて倒れそうになる。

当時、こうしたPenthouseやGOROといった熟女雑誌は、「SMスナイパー」 とか
「スカトロマガジン・ビリー」 といったいかがわ本と同じコーナーに置かれていて、
そこに女子が行くことは死を意味していた。手にとってページを開くなど女子児童に
とっては命がけの暴挙だったのよ。

ちなみにこの大林雅美さま、今も銀座のどこかで 「まこん」 なんて思わせぶりな
名前の店でママをしていらっしゃるとのこと。一体何歳よ。

閑話休題。

あまりに強烈なメンツの挿入ですっかり存在がかすんでしまったけれど、松尾嘉代
は演技派女優。八つ墓村ではテレビシリーズ版に出演していた。でも個人的には
映画版に出て、化け物と化した小川真由美と洞窟で対決して欲しかった。

彼女はすでに芸能界を引退されてしまったという噂。阪神淡路大震災でボランティア
を経験したことで人生観が変わったのが理由等、諸説あるものの、今の松代嘉代さん
を是非もう一度テレビや映画で拝見したいと思う。

第4位 白石加代子
白石加代子を初めて目にしたのは、確か横溝正史の映画版 「悪魔の手毬歌」 。
普通の中年女性役なのに何か怖い。当時、それほど有名ではなかった彼女が恩田
幾三の写真照合シーンで見せた演技は、渡辺美佐子や草笛光子といったベテラン
女優を優に凌駕する存在感。その後、約20年の時を経て、同じ横溝正史の 「八つ墓村」
で再会した時には、もはやこの世のものではなかった。

 「たたりじゃ、八つ墓明神のたたりじゃ」

と、叫びながら村を練り歩く濃茶の尼役は阿鼻叫喚の一言。彼女の存在で映画の
ジャンルをミステリーからホラーに変えてしまった。下記引用 URLの「花みつ家の一族」
頁上から3段目に彼女のお顔。お隣の金田龍之介さんもお見逃しなく↓

http://homepage3.nifty.com/~gohideki/hypergo/familytree.html
    
彼女と 「姑獲鳥の夏」 のいしだあゆみには、2度ほど夢でうなされたことがある。
舞台 「身毒丸」 では、ロンドン公演で国際女優の評価を獲得!私の目に狂いは
なかったと実感した瞬間だった。

第3位 岸田今日子と朱里エイコ
こちらの両名はすでに物故者。私の中でははずせないお二人なのでとりあえず
エントリーさせていただきました。

第2位 ちあきなおみ
さきほどの朱里エイコ、それに 「人形の家」 の弘田三枝子と並んで、最強歌手
の1人。このお三方はどうしてもお顔のインパクトが先行するけど、歌は本当に
すばらしい。新曲発表からわずか3ヶ月でレコード大賞をもぎ取った彼女は、歌唱力
に加えて独特の表現力を武器にもつ。聴衆を巻き込む、説得力のあるパフォー
マンスは誰にも負けない。かつてものまねタレント中島マリが 「夜へ急ぐ人」
を演じていたけど、実はあのまんまだったりする。鬼気迫る 「おいでおいで」 を
ご覧下さい ( 【閲覧注意】 上はご本人、下はものまね )。

http://www.youtube.com/watch?v=zCBV9IcSxIk
http://www.youtube.com/watch?v=UMd-F1BVUbE

ちなみにデビュー当時のキャッチフレーズは 「苗字がなくて名前がふたつ」 「魅惑の
ハスキーボイン」 。一体、彼女の事務所はどこを目指していたのかしらと思うけど、
一度彼女の声を聴けば、その奥深さに魅了されるはず。ご主人を亡くされてから、
長く休業を続ける今でも、彼女の復帰を待ちわびる声は根強い。私を含めたファン
の皆さんはきっと彼女の復活を待っているはず。

第1位 藤谷美和子
「100円でポテトチップスは買えますが、ポテトチップスで100円は買えません」 と
いう、いかにも彼女のキャラにあったCMで人気者に。「ゆうひが丘の総理大臣」
「あさひが丘の大統領」 で女優になり、歌手として 「愛が生まれた日」 を唄えば
ミリオンセラー。私はデビュー当時から、元祖プッツン女優の彼女が大好きだった。

落ち着きがなく言っていることも訳が分からないけど、見るからにシャイな笑顔
から、きっとデリケートな人なんだなと好感をもっていた。本当にかわいい。
あのズレ具合もキャラ作りの一環だと思っていたのよ、少なくともあのニュースを
聞くまでは...

 「紀宮さまは私の妹!お会いしてお手紙を渡したいのです。」

突如として皇居にタクシーで突撃し、守衛さんに向かって言い放ったというこの
セリフ。よりによって日本国最高ランクのタブーに1人果敢に挑んだ彼女は、警察官
相手に1時間もタクシー内に篭城したという。

ホンモノだった。

彼女がここまでになってしまった背景には、プライベートでいろいろなストレスや
出来事があったに違いない。徐々におかしくなり始めた頃の出演番組を振り返って
みると、明らかにそれまでとは違う挙動不審さが垣間見えて涙が止まらない。
どうしてもっと周囲の人がこの時点でケアしてあげられなかったのだろう。
実力のある女優さん、歌手であるだけに本当に残念で仕方がない。

一説によると、キャリーバッグを引いた彼女が今、小田原の街を徘徊しているという。
しかももの凄いスピードで。

透明感のあるあなたが、いつの日か復活してくれることを願うファンがここに
います。一日も早く戻ってきて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=a2XNoot5fBc

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんにちわ、ネリムです。
当初考えていたことが
今見てみると違っていることは誰にでもあると思います。
ネリム | URL | 2013/09/11/Wed 12:34 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

優しいフォローありがとうございます!ネリム様のブログを見ていると
可愛くて本当にウラヤマシイですw
ウォーリック | URL | 2013/09/11/Wed 19:31 [編集]
取り上げてある女優歌手の話が全部わかる私がいました(笑
ちあきなおみ はすごいですよ!YouTubeで今更感動します
あと 私は、いしだあゆみ押しで
「駅ーステイションー」で泣くのをこらえながら笑顔で別れる高倉健に敬礼する演技に惚れましたよ
M | URL | 2013/09/11/Wed 22:44 [編集]
Re: タイトルなし
M様:いつもコメントありがとうございます!

いしだあゆみさんは名女優ですね。昔の番組を見るととてもきれい
でしたし。最近のミイラ化はどこか体がお悪いのでしょうか?
また元気になられるといいのですが...
ウォーリック | URL | 2013/09/11/Wed 22:53 [編集]
こんばんはw
藤谷美和子さんの、その後は知りませんでした@@
ちょっとショックですよ。私も好きだったので。

>いきなりガマガエルのようなおケツのアップにさらされて倒れそうになる。

激しく同意wwww

私的な女性観ですけど、女性のお尻の下のほう…なんと言うのか知らないので、ケツっぺた←
これがピンクなのが条件です(何のだよw)

ブログについては『個性』という事で、いいと思いますw
実は私も、そういった乙女ちっくて、女性らしいブログを目指していたんですよ。
でも、結局あんなになっちゃってwww
歳も歳なので、下ネタにも躊躇がなく、時おり反省しております(5秒ほど)

こちらのブログはホントに面白いので、これからも読み続けていきたいと思います!
とにかく私のツボに入りまくりなのでwww

お互いに組合関係の方には縁がありそうで何よりです(笑)

ウダモ | URL | 2013/09/12/Thu 00:14 [編集]
ウォーリックさん、こんにちは。
らむみです。
訪問&コメントありがとうございます。
(バースデーコメントまでいただいて恐縮です)

恐いもの見たさの熟女ヌード・・・
ついつい電車でおばさまがスカートで足を開いて座っていると、目がいってしまうのと同じ心理でしょうか?

追伸:リンクさせていただいて、よろしいでしょうか?
らむみ | URL | 2013/09/12/Thu 01:07 [編集]
Re: こんばんはw
ウダモ様:いつもコメントありがとうございます!

激励のコメントありがとうございます。ブログを楽しんでいただけていると
いうコメントをいただくと本当に心強いです。自分の文章構成力や文才
には一切自信がないので、これでまたしばらく頑張れそうです。

>> 下ネタにも躊躇がなく、時おり反省しております(5秒ほど)

これは私もまったく同じで、知人にはこのブログを一切紹介していませんw
ちなみに私の反省は3秒以下です。
ウォーリック | URL | 2013/09/12/Thu 01:14 [編集]
Re: タイトルなし
らむみ様:コメントありがとうございます!

実はずっと以前からブログを拝見していました。
ふと開いた本の一文やTVから偶然聞こえてきたコメントが、今、自分がかかえる
問題を解決してくれることがあります。らむみ様のブログは、私にそんな「気づき」を
与えてくれています。
私のブログはこんな感じで大変申し訳ないのですがw もし、リンクのお仲間に
加えていただけるなら光栄です。また遊びにいらして下さい!
ウォーリック | URL | 2013/09/12/Thu 02:02 [編集]
おはようございます。早朝覚醒です。更にぎっくり腰で、痛み止めシップにコルセット、杖をついてせっせと通勤しています。今日、メンタルヘルス、鬱から日記、50代に
移行しました。私も最初の意向と違いました。人生奥深い!まだまだ沼の様な人生が待ち受けているのか、ちょっと怖い。普通がいい。と 落ち込んだ時は一瞬そう思う、でもまだまだ上昇志向は少し残っている。
潤一 | URL | 2013/09/12/Thu 05:40 [編集]
はじめまして。
閲覧暦は長いですがご挨拶は初めてのハノイ!と申します。

朝から腹筋崩壊しました。それはもう、凄い勢いで。
ちょっと腰にもきています。

ありがとうございました。
ハノイ! | URL | 2013/09/12/Thu 08:02 [編集]
Re: タイトルなし
潤一様:コメントありがとうございます!

日々移り行く変化を楽しめるようになれば、さぞかし楽に生きていけそうです。
私は若輩者で、大よそそうした境地とは程遠い毎日を送っています。

ワクワクと同時に、変化は怖いもの。でも、いつの日かそうした怖れを乗り越えて、
人生を自由に楽しめる境地に到達できればいいなと考えています。
ウォーリック | URL | 2013/09/12/Thu 19:05 [編集]
Re: タイトルなし
ハノイ!様:コメントありがとうございます!

どんどんシモに下る内容に自分でも驚いています。
ただ、こうしてコメントをいただくと本当に嬉しくて、感謝の念に
堪えません。気まぐれなのでいつまで続くか分かりませんが、これに
懲りずに、また遊びにいらして下さい!

ウォーリック | URL | 2013/09/12/Thu 19:15 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。