猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り
先日、国立科学博物館で 「深海」 特別展を見る。

サブタイトルの 「この夏、伝説のダイオウイカにあう」 に惹かれて上野に足を
運んだ。 「一緒にダイオウイカとマッコウクジラ見に行こう!」 と同僚たちを
誘ったものの、女性陣からはキモイの一言。外人達からも遠回しの断りが入り、
結局一人で見に行った。

期待はしていなかったものの、さすがに貴重な休日を使ってイカを見に行くOLは
いないようで、ただただドン引きされてしまった。フン、この現代で宇宙銀河にも
増して興味をそそるものは、もはや深海生物しかないのだ!深海こそ地球に残された
最後の秘境じゃ!と一人ブツブツつぶやきながら上野の坂道を上る。

そんな不機嫌も遠くに博物館が見えてくると、あっという間に吹き飛んでしまう。
私はこのエリアが本当に好きだ。広々とした噴水を中心に国立西洋美術館、国立
科学博物館、東京国立博物館、上野の森美術館、東京都美術館、そして東京芸大が
林立する文化と芸術の中心。いつも美術展のハシゴで1粒で2度おいしい充実の
スポット。横には不忍池や上野動物園、坂道を降りればアメ横もある。最近は
駅周辺にも続々と新しいテラスやカフェができ始め、かつての野暮ったさが姿を
消し始めている。

大きなクジラのオブジェが見えると、もう胸の高鳴りが治まらない。私は本当に
深海魚が好きだ。中川翔子が 「しんかい6500」 に乗って海の底に沈んでいく
のをどれ程羨ましく思ったことか。出来ることならダイオウイカの足にからめ
とられて、一緒に海の底に沈んでしまいたいと思う。子供の頃に絵本で見たマッコウ
クジラと戦う巨大イカ。まさかあのセピア色の挿絵が実在するなんて魔法のようだ
と思う。

とはいうものの、館内に入るや、やはり場違いさが際立ってしまった。客層は見事に
老人、家族連れかカップルの3タイプのみ。何気にアカデミックな内容説明を集中
してみていた私の隣で、電波女が男にしなだれかかりながら奇声を上げる。

 「あっあっ見てぇ、ヤバい、キモぉ~っ」

ええぃ、キモイのはお前じゃ!と言わんばかりに振り返った私を見るや、男の陰に
隠れてどこかに消えてしまった。どうやらまた私の目からビームが出ていたらしい。
鬼の形相。別に若者たちの恋路の邪魔をした訳ではない。深海魚の見た目を
承知の上で入場して、一体誰得とばかりにしなをつくるアンコウ女が許せないのだ。

海の中を群れて泳ぐマッコウクジラ、そのレプリカとしてしつらえられたマッコウ
クジラの頭部、そして、撒き餌にしがみつく生きたダイオウイカの表情。この巨大
イカはなぜかとても人間っぽい目をしていて、カメラをじっと見据えていた。

それをキラキラと目を輝かせて見つめる子供たちの表情。一瞬たりとも見逃さない
ように、息を殺して一生懸命に見ている。目の前にいる生き物をそのまま受け入れる
子供たちは決してキモイなどと言わない。それは無意識に生命の尊厳を肌で感じて
いるから。変な先入観を植え付けて、キモイなどと言うのは親や大人たちだ。

ミュージアムのお土産コーナーで、化石や昆虫、恐竜や深海魚に興じる子供たちを
見つめながら、シリアの子供たちに想いを馳せた。本来であればこの子たち同様、
きちんとした教育を受け、家族団らんを楽しんでいるはずの子供たちが、今、内戦の
犠牲になっている。化学兵器で殺されている。

博物館を出た私は、ダイオウイカの興奮がどこかに行ってしまった。その足で
電車を乗り継いで明治神宮に行く。玉砂利を踏みしめながら本殿に到着すると、
一日も早く内戦が治まるように、これ以上戦いが起こらないように、そして、シリア
の子供たちもダイオウイカの展覧会を見られるような平和を下さいと祈った。
私は本当に無力だ。



そして今日、ニュースでシリアに対するアメリカ軍事介入への可能性が伝えられた。

人間はいつまで経っても変わらない。

150年も生きる深海魚は、太陽の光が届かない海の底できっと浅はかな人間たちを
笑っているに違いない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんにちは、ネリムです。
シリアが平和になって、子供が安心して暮らせる国になって欲しいですね
ネリム | URL | 2013/08/29/Thu 12:37 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

どうやら少し延期になりそうなニュースですが、英米仏が入らなくても
内戦は続きますし、いつもながら国連が一切昨日していない現実が辛いですね。

いつもいつもコメントいただいてありがとうございます!

ウォーリック | URL | 2013/08/29/Thu 18:47 [編集]
ダイオウイカいいですね!
また、興味深い記事を拝読させていただきました。
ありがとうございます。

私はイカを甘く見ているニンゲンは信用しません。
ホタルイカだって決して馬鹿にできません。
彼らは編隊を組み有機的組織として高度な生命体として活動しているふしがあります。水―AQUAを介在したありかたそのものが神秘だと思っています。
もう長年宇宙に飛び出していますけど、このような水の存在には未だ接することはありません。わたしは個人的に地球の海をもっと知ることのほうが有益だと考えます。決して荒らすことなく。
東電の放射能汚染水の海へのタレ流しには絶望的という以外の言葉が見つかりません。オリンピック招致なんて言ってる前にすることはないのか、と言いたいです!
すみません。勝手なおしゃべりでした。
GOMA28  NewOrder | URL | 2013/08/30/Fri 21:48 [編集]
Re: ダイオウイカいいですね!
GOMA28様:いつもコメントありがとうございます!

プランクトンの死骸がマリンスノーとなり深海へ降りていき、そして巨大な
クジラもいつかその身を深海に横たえる。光の届かない深い海の底でも、
そうしたしかばねを無駄にすることなく、他の生物の食物連鎖につながって
いる生命のサイクル。

NewOrder様の仰る通り、放射能汚染水のタレ流しは大自然に対するテロ
行為だと思います。日本人の責任として、一日も早い対策を講じて欲しいと
切に願います...
ウォーリック | URL | 2013/08/30/Fri 22:08 [編集]
よく分かります
ウォーリックさんの怒りと深い哀しみ、よく分かります。

「アンコウ女」に対する怒り・・・
極限の自然に生きる野生の生命の尊厳を
理解しようとしない輩(男女問わず)に対する怒り。
彼女にとってはダイオウイカよりも彼の歓心を買うほうが大切だったのでしょう。
でもまぁ、その場所へ足を運んだだけでもよしとして、
どうか許してやってください(笑)

人間の愚かさに対する怒りと哀しみ・・・
シリアやパレスチナやその他の紛争地域の子供たちと、日本の子供たち。
生まれた場所が違うだけで、こんなにも大きな環境の違いが・・・。
シリアに関して言えば、自国民を殺して平然としている権力者の傲慢と
「人道の罪」に対しては怒りしかありませんね。
「人道の罪」がナチスやかつての日本帝国指導者たちだけでなく、
現代の殺戮者に対しても適用されることを願いつつ、
所詮はそれも政治上の駆け引きに過ぎないのかと暗澹たる気持ちになります。
無力ではありますが・・・ ウォーリックさん、祈りましょう。
一本の葦 | URL | 2013/08/31/Sat 14:44 [編集]
Re: よく分かります
一本の葦様:いつもコメントありがとうございます!

米仏が攻撃をしなくても内戦は続き、国連は無力で、市民は犠牲
になることに変わりはありません。そして、日本は何もしない。

別にシリアに限ったことではありませんが、こういう殺戮を報じる
情報の発達で、自らの無力を思い知らされます。
ウォーリック | URL | 2013/08/31/Sat 18:56 [編集]
こんばんは~

NHKのウッチャンのコント番組で、
深海展、ネタになっていました。

ココリコの田中さんのことなど盛り込めば、
もう少し、興味持ってくれたかもしれませんね。

アメリカの動向は、
まだわかりませんね。為替を見ていると、
回避される可能性が。

ただ、争いはなくならないでしょうね。
flowerh | URL | 2013/09/02/Mon 22:01 [編集]
こんばんは(*^_^*)
先日はコメントありがとうございました!

自分も深海とか大好きなんですよ~
まだまだどんな未知の生物がいるのかわからない。
ロマンがありますよね~
らす | URL | 2013/09/02/Mon 22:13 [編集]
事後報告ですが・・
リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
一本の葦 | URL | 2013/09/02/Mon 23:20 [編集]
Re: タイトルなし
flowerh様:コメントありがとうございます!

国連安保理を通さなければ、シリアに対する武器輸出再開する!?という
プーチンの本末転倒な政治カードを見るにつけても、解決までの道のり
はまだまだ遠いようですね。

また遊びにいたして下さい!
ウォーリック | URL | 2013/09/05/Thu 22:24 [編集]
Re: タイトルなし
らす様:コメントありがとうございます!

お兄さん、らすさんとミーちゃんの格闘技シリーズ、とても面白く
拝見しました。うちの猫も同じ名前で同じキジトラ猫なので親近感が
湧きました。

また遊びにいらして下さい!
ウォーリック | URL | 2013/09/05/Thu 22:30 [編集]
Re: 事後報告ですが・・
一本の葦様:コメントありがとうございます!

とても光栄です。これからも宜しくお願い致します!
ウォーリック | URL | 2013/09/05/Thu 22:31 [編集]
シリアの内戦
子供たちに明るい
そして平和な明日が来ますように!
小判鮫のコバンちゃん | URL | 2013/09/06/Fri 18:27 [編集]
Re: シリアの内戦
コバンちゃん様:いつもコメントありがとうございます!

たまたまこの文を書いた日にコバンちゃん様のブログにも同じ
内容を扱った記事が書かれていて偶然に驚きました。
どんどん混迷の度合いが深くなっていますが、戦争は本当に
嫌ですね。
ウォーリック | URL | 2013/09/06/Fri 22:59 [編集]
はじめまして
二番目の山羊・ふわふわですm(_ _)m

先日、お邪魔したところ、全て「日記」に区分けされており、「何処から拝見すれば?!」と、右往左往してしまったんですが、今日、このタイトルが気になりまして。

ウォーリック様は、お優しい方でらっしゃいますねぇ……。じんわり来ました。

神田など勤めていた頃、上野は何度か行きました!
見て回りたいのは山々なのですが、「歴史あるもの」は、様々な気配を帯びていて(スミマセン、本人にしか解らない、スピ体質の話です)、行く度に体調不良を起こしてしまい……(泣)

そういった情報は、テレビや本でかき集めてます。
目の前で学べたら、一番良いのですが……。

……シリアも……。戦争で経済回すのは、良い加減にして欲しいです。
ふわふわ | URL | 2013/09/16/Mon 23:50 [編集]
Re: はじめまして
二番目の山羊様:コメントありがとうございます!

スーパーで駄々をこねる子供を見ていると、目の前のチョコを買ってもらえないことが
彼らにとって人生最大の悲劇。あまりうるさいとぶっとばしたくなるのですがw
それでもなぜか子供には弱いです。

>>行く度に体調不良を起こしてしまい……(泣)

何となくおっしゃっていることわかりますw 上野一体のどんよりと淀んだ空気は
何なのかなと思うのですが、場所の気も絵画等のもつ気も考えないようにして
強引に見ています。さすがにミイラ展だけは無理でしたw
決して高尚なブログではないのですが、是非また遊びにいらして下さい!
ウォーリック | URL | 2013/09/17/Tue 00:20 [編集]
あー、なるほど……
「親に構って貰いたい」のですね……。

ウォーリック様も、無意識に感じてらっしゃるから、「子供には弱い……」と、大目に見ていらっしゃるのでは?

幼ければ、ボキャブラリーが少ないですから。
親の関心を引きたくても、「お乳が欲しい」の延長線上の手段しか思い付かないのだと。

チョコが欲しい、は口実だと。
物は豊かになったのに、心は冷えるばかりです……。

確かに、内戦による生命の危険は、日本の子ども達にはありませんが。
ふわふわ | URL | 2013/09/17/Tue 10:18 [編集]
Re: あー、なるほど……
ふわふわ様:コメントありがとうございます!

仰る通りです。子供には悪いですけど、そういった意味では犬や猫たちを含めた
動物たちも同じ範疇にいるかも知れません。
ウォーリック | URL | 2013/09/17/Tue 12:14 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。