猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市伝説
嘘か事実か、まことしやかに囁かれる都市伝説の数々。そんな中から、私の心に
強烈なインパクトを残したものを書いてみようと思う。

国分寺の塀
これは随分と前の噂。JR国分寺駅から伸びる道路沿いには高い塀が続く道があり、
その道が地元民を恐怖のどん底に陥れているというお話し。
終電が過ぎて駅から一通り人々が吐き出されると、閑散とした深夜の駅前ににわか
に霧がかかる。タクシーを拾うことなくこの塀に沿って道なりに歩いていくと、
歩行者のはるか後方から衣擦れの音が聞こえてくる。その音はだんだんと歩行者に
近づき、さらさらと高いところから聞こえてくるらしい。

そう、それは幅10センチもない塀の上を、自分に向かって全力疾走してくる老婆
の姿。長く振り乱した白髪を風になびかせ、白装束を身にまとう。その手には
数珠をもち、自分を追い越してさらに走り続けて行く。しかし、10メートルほど
行き過ぎたあたりでピタリと止まるや、ゆっくりとこちらを振り返るという。

塀の上で不気味に微笑むその目は、ただの真っ暗な節穴になっていて、ダラダラと
血の涙を流し続けている。パックリと開かれた口の中に見えるのは、大きく盛り
上がった歯茎のみ。その老婆が高い塀の上からヒラリと飛び降りると、フニャリと
頭と両手だけになり、ほふく前進で追いかけてくる。

この都市伝説をもとにしたものかどうかは不明ながら、全力疾走の老婆部分は
2012年に「高速ばぁば」、頭両手のほふく前進部分は2011年に「テケテケの
恐怖」として映画化されている。「テケテケの恐怖」は、AKBの大島優子主演。
でも、テケテケ本体のつくりはどこか筋肉少女帯を思わせる。興味のある方は
こちらをどうぞ (結構怖いです)↓

テケテケの恐怖 http://www.youtube.com/watch?v=K5WJON4zoiU
高速ばぁば    http://www.youtube.com/watch?v=Csi2xwKxHXw

おにぎりお姉さん
新宿の百人町に出没するという「おにぎりお姉さん」。頭には給食当番の三角頭巾
をかぶり、真っ白なエプロンをつけたデブ女が、大きなバスケットをもって
たたずんでいる。夜のとばりにかくれて顔はよく見えないが、放送コードギリギリ
の顔面偏差値。通りかかる男性に笑顔で声をかけるものの、笑顔がキモ過ぎで
誰一人として立ち止まってくれない。よくよく耳を澄まして聞いていると、
「おにぎりいかがですか?」などと言っている。夜の百人町でおにぎり (゚Д゚|||)

やっとのことで1人の男性が立ち止まり「それじゃ1個ちょうだい」というや、
彼女は男性の手を引いて暗闇にエスコート。おもむろに男性のチャックをおろすと、
中身を手に取った。慌てた男性が「何をするんだ!」と、問いただすと、

 「ただ今、お握りしております」

なんだかなぁ、このおやじギャグのようなオチ。手を動かすと風営法に抵触するから
握るだけなんですとかなんとか、斜め上の回答だったように思う (; ̄Д ̄)

コピーお姉さん
今度は、渋谷に出没するといわれるコピーお姉さん。なんだかさっきのおにぎりと
同じにおいがしていやなのだけど、こちらは一切接触なし。夜になるとパルコの
辺りでコピーを配っているらしい。

普段は普通のOLをしている彼女は、仕事を終えるとコピー室にこもって20分ほど
出て来ない。彼女はここで最新鋭のカラー複合機 (コピー) の前に立つ。内側から
鍵をかけ周囲に人がいないことを確認すると、ゆっくりと下半身の衣服をすべて脱ぎ
捨て、カラーコピーの上でヨガのポーズをとるのだそう。

その間、彼女の下ではカラーコピーが連続稼動。20分もすると大量のカラーコピー
の出来上がり。はた目には拡大されすぎているため、縦にみても横にみても一体何が
写っているのか分からないではないの。お姉さんはその紙のたばをかかえると、渋谷
の人通りにまぎれ、道行く人々にコピーを華麗にばら撒いていくらしい。先ほどの
おにぎり同様、営利目的ではないところが恐怖をそそる。

モロキュウおじさん
こちらは地下鉄東西線に出没するというおじさん。前から2両目と3両目の間に立って
いる。サラリーマン風のコートを着ていて、見た目はこれといった特徴のないごく
普通の風貌。ただ今回はこれまでのお姉さんシリーズと違い、犠牲者のターゲットは
若い美少年オンリー。同じ高校生でもブサ男、デブチン、キモヲタ、ヨゴレ系は
一切スルーで好みにうるさいのが特徴。特に、私立高校のブレザー系が大好物
らしい。

連れの友人がいないぼっちの餌食を見極める。するとゆっくりと車両の間から抜け
出して、美少年の隣のつり革につかまる。ガラス窓に写るイケメンに熱い視線を送り
ながら、獲物がおじさんの視線に気づくのをひたすら待つとのこと。そして車両の
揺れに合わせながら、ズンズンと男の子を自分の巣に押し込めてしまう。ここまで
くればしめたもの、待ってましたとばかりにコートの前をご開帳。すると、何故か、
それまで履いていたはずのズボンやシャツまでがコートと一緒に脱げ、一瞬にして
丸出しになる。紅白歌合戦で天童よしみのドレスがもげるようなアレ。

「ふん、ただの見せ魔じゃん」などとあなどってはいけない。見せられた衝撃で呆然と
する美少年にすかさず背を向けるや、間髪いれずにコートのお尻をめくりあげる。すると
丸出しになったお尻には、きれいにイボイボが削り取られたごん太キュウリがささって
いて、それを指差しながらおじさんが絶叫。

 「おひとつモロキュウいかが」

ふいを突かれてたじろく美少年に最後のとどめをさすように、おじさんが泣き叫ぶ。

 「早く抜いてぇ」

身もだえして体をくねらせながら、美少年に向かってお尻にささったままの
キュウリをブルンブルン震わせるという....

世の美少年の敵。もし私が見つけたら、キュウリの代わりにお大根を差し込んで
さしあげよう。ちなみに今このブログを書きながら、なぜキュウリではなくモロ
キュウなのか、そのカラクリをやっと理解した私。下ネタのダブルブッキングに、
倒れそうになっている。

個人的には「空港の柏原芳恵姐さん」をはるかにしのぐ都市伝説として推したい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんわネリムです
都市伝説怖いですね
ネリム | URL | 2013/08/23/Fri 22:08 [編集]
怖っ!
「早く抜いてぇ」←これまじで怖いですね。モロキュウ、ヤバいです。想像すると食べれなくなりそうだ・・。

・・それはさて置き、記事、老婆以外は聞いたことの無いものばかりで、面白かったです。奇人伝説ですね。
serpent sea | URL | 2013/08/23/Fri 22:45 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

最近イラストにますます磨きがかかって素敵です。
次作を心待ちにしています!
ウォーリック | URL | 2013/08/24/Sat 09:46 [編集]
Re: 怖っ!
serpent sea様:いつもコメントありがとうございます!

このブログを書いてたまたま夜中にケーブルテレビを見ていたところ、
偶然にもテケテケ2をやっていて、食い入るように見てしまいました。
単純なストーリー展開なのにとても怖かったです。R15指定の
ようですが、私も無理でしたw
ウォーリック | URL | 2013/08/24/Sat 09:51 [編集]
かなりの激震遭遇状態でしたが、一晩寝てようやく回復しました(笑)
ウォーリックさんの守備範囲の広さと深さに、またもや感服至極。
「おにぎりお姉さん」に笑えたのが救いでした。
おやじギャグに笑うところが、やっぱり同類のオヤジですね。
一本の葦 | URL | 2013/08/24/Sat 18:38 [編集]
Re: タイトルなし
一本の葦様:いつもコメントありがとうございます!

> かなりの激震遭遇状態でしたが、一晩寝てようやく回復しました(笑)

おそらくモロキュウの大根ですね。私もさすがにこれはちょっと、と思ったの
ですが、ここまでくれば、もはや捨てるものもないのでそのままアップして
しまいましたw

温泉芸者以来のド級だったかと思いますが、まさかこれに葦様より
コメントをいただけるとは思ってもみませんでした。
ありがとうございました!
ウォーリック | URL | 2013/08/24/Sat 19:11 [編集]
確信犯
 違っていたならゴメンナサイ。
最後のモロキュウおじさんは、確信犯的載せ方だと感心しました。
それは、最後の“個人的には「空港の柏原芳恵姐さん」をはるかにしのぐ都市伝説として推したい。”のコメントで そう思いました。
結構年配の人と若い人には、分からない事件(伝説)ですので。
るどるふくん | URL | 2013/08/25/Sun 10:52 [編集]
Re: 確信犯
るどるふくん様:いつもコメントありがとうございます!

鋭い分析ありがとうございます!他にレオタードおじさんやキャンディ
おじさん等、おじさん系の伝説はたくさん知っていたのですが、女性
バージョンはコピーとおにぎりしか知りませんでした。

そこで最後を飾るのはおじさん系で最もインパクトのあるモロキュウ
おじさんしかないwwと思って書いてみました。いつもながらオチが
なかったので、なんとなく芳恵さん伝説を挿入みたいなw

こういう味方で私のブログを見て下さる方がいるのはとても驚きで
嬉しいです。ありがとうございました!
ウォーリック | URL | 2013/08/25/Sun 11:29 [編集]
モロキュー
まさか「ああいうオチ」かと思ったら、本当に「そういうオチ」だったでござるw
オレガノフ44号 | URL | 2013/10/11/Fri 22:01 [編集]
Re: モロキュー
オレガノフ44号様:コメントありがとうございます!

改めて読み返すとなんと恐ろしいネタかと驚いています。ここまで下品になると
もう怖いものはなさそうです。これに懲りずにまた遊びにいらして下さいね!
ウォーリック | URL | 2013/10/12/Sat 00:06 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。