猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東浪見にて
駅の階段を駆け下りる。乗り継ぎ電車の発車時刻が迫っていた。
そんな私の行く手を阻む一人のギャル。金髪にキャミソールにピンヒール。
そして何より膝上20センチシルバーメタリックの超ミニスカートが
まぶしい。どうやらケータイでメールをチェックしているらしい。

自転車や車に乗りながら、駅の改札やホームのそこかしこでお構いなしの
ケータイチェック。冷蔵庫に入って写メをさらし無職になったりと、
ちょっとあんたらたるんでないかい。ババア根性丸出しでギャルを
追い越そうかな、と思っていると、彼女がケータイを落とした。

一段下に落ちたケータイを見つめていた彼女は、なんとそのままの体勢で
スクワット、手を伸ばして拾おうとしている。完璧なM字開脚だ。下から
見上げれば、パンツ丸出しのあられもない姿に違いない。うわぁ、と思って
見ていると、思いのほかかたい股関節のせいで右足がグラグラしている。
危ない!と思うや否や、シルク・ド・ソレイユのようにゴロゴロと階段を
転げ落ちていった。

階下では、犬神家のスケキヨのように、今度はV字開脚になった彼女の
姿が。パンツはおろかお腹までたくし上がったスカート。横にいた
中学生男子達が、遠巻きに「おおっ、ヤベー」とか言っている。一体、
パンツが見えたからどうだというのだろう。私はこういう萌えポイントが
本当にわからない。男子達よ、普通は彼女の怪我の方を心配するものだ。

急いで駆け寄り助け起こそうと彼女の腕をつかんだ私は、えっ、と思う。
思いのほか腕がマッチョ。大丈夫ですか、と聞くと、

「すみませ〜ん、ぼんやりしちゃってぇ」

声が、太い.......。オネエマンだわ。

話す度に、喉仏がグリグリしながら、頭皮を回してヅラを直している。
すると先程の中学男子達が、オェッなどと言っているのが聞こえた。

勝手に女と勘違いしてパンツまで見ておいて、ぬか喜びさせられたとでも
思っているのかしら。中学男子よ、現実はいつも厳しいのだ。

化粧ポーチから飛び出た男性用のシェーバーを黙って拾う彼女を見て
いたら、なんだかとても可哀想になって中学男子にビームを発射。

頭を下げて去って行くオネエマンを見送りながら、電車の乗り換えに
走る私。安房鴨川行きの電車に飛び乗ると、東浪見のビーチに座り、今、
iPadでこのブログを書いている。

実は先週もここに来た。

先日、多国籍軍を理由に断ったサーフィンの同行。その後、フランス人
の子分から、僕一人なので来てくれませんかと誘われた。仕方なくまた
2週続けてビーチに座っている。

昨日までの酷暑とはうって変わって、海風が心地良い。御宿と違い、
サーファーしかいないこの浜辺はのんびりするのに丁度いいかも知れない。

遠距離恋愛の彼女が東京に出てくるというので、子分のお守りも今日が
最後になりそう。

でも彼の荷物管理役のお陰で、私一人では絶対にくることのなかった「真夏の
ビーチ」を訪れることができた。フランス人の子分にはお礼を言わないと
いけない。ちなみにこのビーチの地名は「東浪見(トラミ)」と読む。
ドラえもんの妹みたいでしょ。

寄せては砕ける波の音を聞きながら、夏の終わりを感じている。

風が心地良い......



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

本日のエピソードは・・・
どうコメントしようか、少々迷いました。
いろいろ感じたことはありますが、私の言葉で表すには
どれもが言葉足らずになりそうで・・。
ただ、ウォーリックさんの優しさと行動力には感じ入るものがありました。
先日の「サムライ」談義を思いだしました^^
一本の葦 | URL | 2013/08/13/Tue 01:36 [編集]
Re: タイトルなし
一本の葦様:いつもコメントありがとうございます!

いえいえ。こんなひどい内容のブログにもかかわらず、葦様にはいつも
真正面からの真摯なコメントをいただき恐縮しております。

私だったらこの内容にコメントつけられませんw

今日も浜辺への道すがら、田んぼのへりにショッキングピンクの粒々を
見つけました。どうやらジャンボタニシの卵らしく...それをザリガニが
ツンツンとつついているのを見て、全身がかゆくなりました。

その時、私は自分があまりにも落ち着きがないため、この世の中の見なくて
もいいものまで拾い上げていることに気づきました。転げ落ちた彼女も
他の人のように見て見ぬふりをしていれば、彼女的にむしろ恥ずかしくなかった
のかも知れないと反省しきりです。

うつむいたヒマワリは含蓄があって素敵でした!
ウォーリック | URL | 2013/08/13/Tue 03:05 [編集]
おはようございます。ネリムです。
色々と大変でしたね。
トラミビーチは確かにドラえもんの妹みたいな名前ですね。
ネリム | URL | 2013/08/13/Tue 09:38 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/08/13/Tue 10:23 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

漢字からは想像できない読みでした。
何もないビーチでしたが、水はきれいでしたよ!
ウォーリック | URL | 2013/08/13/Tue 11:31 [編集]
Re: タイトルなし
一本の葦様:コメントありがとうございます!

そういっていただけるととても嬉しいような、気恥ずかしいような。
私はどちらかというと、暗闇に生える馬糞茸やカビのたぐいかと。

今回もそうですが、電車周りでの「変わった人たち」の目撃や遭遇が
とても多いのです。きっと私の方から彼らを引きつける何か怪しい胞子の
ようなものを出しているのではないかと思っていますw
ウォーリック | URL | 2013/08/13/Tue 11:40 [編集]
私だったらどうしたかなぁ?
ピンヒールはお辞めなさい!とお説教しながら多分駆け寄ったでしょうね。それとスカート丈もゴチャゴチャ言いそうです。無言で助けて上げるウォーリックさんはヤッパリカッコいいですね。
とっさに、サッと手を差し伸べられるそんな人に私はなりたい( ^ω^ )
優の水彩工房 | URL | 2013/08/13/Tue 22:28 [編集]
Re: タイトルなし
優様:いつもコメントありがとうございます!

実は私もケータイことをチクリと言おうと思っていたのですが、
中学生と電車の乗り換え時間に気をとられ忘れてしまいました。

相手がヒール履きなれていない男子だというのもあった
のですが、やはりこの人種にはなぜかとても縁があるようです。

ウォーリック | URL | 2013/08/14/Wed 09:59 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。