猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装子
先日の「汚超腐人」同様、ネット世界のサブカルで使用されている言葉に「じょそこ」
というのがある。その漢字表記は「女装子」または「女装娘」。すでに、胸躍る得体の
知れない怪しさや、そこはかとない香ばしさを醸し出している。

2ch等で使用されている喪女、孤男、既女などと並んで、知る人ぞ知るカテゴリー。
その中でも一種マニアックな部類に入るかもしれない。

以前テレビで、マツコ・デラックスやミッツ・マングローブの肩書きを「女装家」と
書いていて、ふぅん、そういう職業もあるのね、と思ったのだけど、この「じょそこ」
とは、いわゆる女装を趣味とする人らしい。言葉の定義のしばり自体がかなりゆるく、
職業としての女装家ばかりでなく、一般的な男性で女装を趣味とする人までを含む
とのこと。

私のブログを見ていただいている方にとっては、すでにオカマが日常ネタになって
しまっているのだけど、一般のヘテロセクシャルの男性が女装をするというのは私に
とっても新鮮な発見だった。

年末の宴会芸でたまたまやった女装の味が忘れられず、コスプレの延長で足を踏み
入れる人。バイセクシャルのバランスの偏り(ヘテロ寄りかゲイ寄り)から女装に
手を染める人。そして、職業としての異性装者(トランスベスタイト)と、程度も
範疇も多様なバリエーションがあるらしい。

この女装系の方たちには一般のヘテロの方も含まれるけど、大きな範疇のゲイという
言葉も範囲が広く、決して一絡げにはできない。

富士山に登ったネイサン(お姉さん)はただのゲイだし、1年かけて徐々に女になった
会社の同僚は性同一性障害、常日頃から「あたしはオカマじゃないのっ」と言っていた。
大学のクラスメートで日本最大手の新聞社の記者をやっているユミさんもただのゲイ
(レズビアン)。そして、カナダ人のランディはプロテインが命のハードゲイだ。

こうしたゲイの人たちは性の対象が生まれながらにして違うわけで、よく言われる
「そちらの趣味」のように、趣味でやっているわけではない。一方、今回の「じょそこ」
は多分に「一般ヘテロの趣味的」な要素を含む点で、ゲイとは一線を画している。

ネットを渡り歩いていると、いたるところでこの「女装子」が顔を出すようになった。

例えば、東日本大震災時、ホテルでアルバイトをしていた人の目撃談。激しい地震の
揺れの中、ホテルの一室からブラジャーにショーツ姿のおじさんの一団がワラワラと
飛び出して来るや、ロビーで会社に安否確認の電話を入れていたという。何だか
とっても阿鼻叫喚。つまり、仕事の出先を利用して女装の会を開くほどに、女装の
裾野が広がっているのだ。

興味をもって調べてみると「女装子」のキーワードで色々なサイトが出てきた。特に
若い男の子たちが化粧をすると、そこらへんのギャルよりも遥かにこぎれいな女の子に
仕上がっていて、カオスな感じが何ともたまらない。こういう男の子たちが、ひいては
腐女子や汚超腐人のおかずになるのだ、とここでつながる。

一体どこで服や靴を調達するのかしらという疑問はすぐに解消された。世の中の女子
全般がデブになったせいで、今や通販のニッセンあたりでは38号の服を売っていたり
する。

38号......鉄人28号よりも大きい。
普通サイズ9号からどんだけ膨らんだらこんなことに。画像でスカートを検索したら、
私にはのれんに見えた。縦も横も一緒の四角い生地。でも、このおかげで女装子
たちは店員との気まずいやり取りをすることなく、通販で15号の服や28センチの
ピンヒールを買えるの。もちろんトリンプのブラもピーチジョンのキャミもOK。

アマゾンでは「カワイイ女装娘の作り方DVD」も絶賛発売中。しなの作り方から、
お化粧の仕方まで丁寧に教えてくれる、まさにかゆい所に手が届く充実した
サービスを提供している。マーケットはどんなすき間産業も見逃さないってこと
なのね。以前同じくアマゾンで、南京玉すだれのDVDを見つけて以来の新鮮な驚きが
走る。更に、彼女たちの人生はすでに映画化されていて(「僕の中のオトコの娘」
2012年12月)、今、じょそこが熱い。

まあ、どう転んでも女装が綺麗なうちは文句がでないのだけど、世の中そうは問屋が
卸さない。

事の始まりは山口県周南市。今、大量殺人で世間を騒がせているかの地を画像検索
した人が、とある写真を発見。その画像をたどると、素敵な女装子サイトに行きついた
という報告を入れていた。

早速そのサイトに飛んだ私を待っていたものは、一般女装子の域を遥かに超えた
究極の恐怖だった。

西奈留子さんは68才。配管工をなりわいとされている。個人のサイトなので直リンは
しません。奈留子さんを紹介しているサイトのURLを貼りますので、ご自身の目で
その肉感的な水着姿や、挑発的なキメ顔をご確認ください。おっぱい水筒と呼ばれる
豊満な胸はご自身の手作り。そこはかとなく花沢さんに似ていらっしゃると思う。
なお、万が一会社でこれを見ている方は閲覧注意。社会的地位を一瞬にして失う
最終兵器です。

それでは覚悟してどうぞ↓

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-3047.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんにちわ、ネリムです。女装子、初めて聞きました。

男性が女装するのもありだと思います。
世の中色んな人がいるんだなと感じました。
ネリム | URL | 2013/07/25/Thu 12:38 [編集]
Re: タイトルなし
ネリム様:いつもコメントありがとうございます!

みんな色々な方がいた方が、きっと楽しいですよねw
ウォーリック | URL | 2013/07/25/Thu 18:37 [編集]
怖いもの見たさに、つい
禁断のクリックをやってしまいました・・・・・・・((((;゚Д゚))))
ゴメンなさい 出来心なんです!もうしません!1
M | URL | 2013/07/27/Sat 00:48 [編集]
Re: タイトルなし
M様:コメントありがとうございます!

そうおっしゃらず、今後もぜひ訪れてあげてください。
肌がきれいでとても68才には見えないあたり、再春館のイメージガール
起用もありそうです。人生の楽しみ方を心得ていらっしゃる感じで、
羨ましいです。
ウォーリック | URL | 2013/07/27/Sat 10:47 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。