猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープなダウンタウン
少し広めのマンションに移りたいと考えていた私は、その日、
不動産屋で荒川区への転居を猛プッシュされていた。

当時の私は、以前錦糸町のブログでも書いた通り、東京の下町全体に軽い
恐怖を覚えていた。多少狭くても新宿区や文京区あたりに住めないかと
聞く私に、荒川区の回し者の担当者がたたみかける。

確かに同じ広さで相場よりも2割ほど安かった。不動産屋に言われるがまま、
数件の物件に案内されたが、すべて荒川区内でのバリエーションである。
しかし、実際に見てみると建物はほぼ新築で、大手スーパーが数件あったり
と生活をするには便利な地の利。不動産屋に押し切られるように、
ちょっとシックな白壁の60平方メートル超の部屋に決めた。町並みは
決しておしゃれとは言いがたかったが、自分の居住空間がきれいであ
ればそれでいいか、と妥協する。

「別に全方位お墓ビューというわけでもないし」

1人には広い2LDKに荷物が少し。その日から休日を使って周囲の散策が
始まった。

晴れた日曜日、マンションを出て道なりにしばらく歩くと、駅に
向かう通りに町並みが続く。この通りは布地を扱う問屋が多く軒を連ね、
服飾系を専門にする奇抜なファッションの学生達が生地を求めて町を
闊歩する。ただし、その裏通りは状況が一変する。一種、昭和にタイム
スリップしたかのようなモノトーンの通り。立ち並ぶ商店の軒先にはでか
でかとハングルや簡体字が躍り、無国籍なアジアを感じさせる。
路地の奥からはけたたましい韓国語や北京語が響き渡りインターナショナル
な感じ。

その足で行き着いた先にあったのはJR三河島駅。見るからに
地味なこの駅が、実は旧国鉄5大事故の惨状だったと知ったのはしばらく
たってからのこと。死者160名の鉄道事故は今の日本では考えられない
被害だ。その後、かつて水泳金メダリストの北島康介が練習したという荒川
総合スポーツセンターの横を抜け、市役所へ。ここの庭には金魚や
鯉のいる深さ20センチほどの池がある。日曜日、この池の周りを簡易性の
椅子が取り囲み、地元の人がニコニコしながら当たり前のように釣り糸を
垂れる。この話は誰にいっても信じてもらえない。

さらにそこから町屋の汚水処理場や火葬場を抜けて、都電荒川線の
終点三ノ輪橋に着くと、駅からは軒先に洗濯物が干された1泊800円
の木賃宿がみえる。お腹がすいたので今川焼を買おうと露天に並んでいると、
口を細くすぼめ、その先から高速で舌を出したり引っ込めたりするおば
さんが現れ、列にならぶ人々を圧倒しながら先頭に割り込んだ。
お店の人から今川焼を受け取ると、代金を払うことなく列を離れていく。
行きとは違い、口からはビュービューと液が噴射されていて香ばしい。
誰もそれをおかしいと思っていない様子である。

ここから歩いてすぐの所に南千住駅がある。駅のそばには大きな碑がたち、
あたり一体をお線香の香りが包む。ここは言わずとしれた旧小塚原跡。
一説には、荒れ野のこの地に人骨がそのまま野ざらしになっていたため、
誰が呼ぶともなく「骨が原(こつがはら)」が訛って、小塚原になったという。

大江戸の風水では鬼門に小塚原、裏鬼門には鈴ヶ森刑場という有名な
首切り場が対角線上に位置している。
かつて杉田玄白が解体新書を著すにあたり、検体として処刑後の罪人の遺体
を集めたり、地下鉄工事の時には万単位の人骨があふれ出した訳ありの
土地柄である。昼間にも関わらず、気のせいか町が暗い。街全体に
薄いベールがかかったような不思議な感覚が漂っている。

ここから浅草方面に向かうと、アニメ「あしたのジョー」で有名になった
泪橋があり、いよいよ吉原や山谷といった極みの地にさしかかる。
かつての赤線地帯からホームレスの人たちのメッカである山谷を横目に
辺りをぐるぐるすると、浄閑寺が目に入ってくる。以前外人の友達と
浅草への道すがらここを通ったときは、日本の伝統文化だとかなんとか
言いながら、かなりの枚数の写真をとっていたっけ。

でもね、このお寺はかつて病に冒されたり、行き倒れになった
吉原の遊女たちが捨てられた、投げ込み寺としてつとに有名なのだよ。
さらに仏具屋に入るや、お盆飾りの灯篭や仏壇の写真もとりまくっていた。
これらがお葬式グッズであることはいまだに話していない。

墨田川を挟んであちらに足立区が見える。また墨田区の玉の井は、吉原の
赤線に対抗して青線地域を形成。裏舞台で日銭を稼ぐ未公認の街娼たち
の町だった。

一通り散歩を終えて家につくと、とてつもない疲労感を感じる、江戸情緒
満点のエリアである。

そして1年後、そのマンションを引き払うことになる。引越しの朝は、
早朝に目覚めた。短い間ではあっても、これまで見たことのない世界に導いて
くれたこの町に名残の思いが沸き起こり、しみじみとして窓を開けた。

するとマンションの隣家に小さなトラックが横付けされるのがみえる。
これまで隣の商店が何の商売をしているか知りもせず、興味もなかった。
昼間でもシャッターが締り、家の壁にはさびさびの松山容子のボンカレー
プレートが外れかけている。そんな商店のシャッターがガラガラと
引き上げられた。
暗闇から出てきた奥様は、剛力彩芽似の恐怖新聞顔。そこにトラックから
積荷が運び出されてきた。

続々と持ち込まれたものは、手足をまっすぐに伸ばして硬直し、目が半開きに
なった豚の死体だった。トラックの運転手は手馴れた手つきでそれを
一つずつ抱えては店内に搬入していた。

一体なんの店なのだろう。

これ以外にも夜になるとノーブラでさび付いた自転車をこぐジェイソン
みたいなおばさんや、自動販売機にウォン硬貨を入れ、日本円のおつりと
飲み物をセットでゲットする韓流の人々を毎日見つけた。

人々のこころを捕らえて話さない、ディープな下町。

今度久しぶりに荒川線に乗ってあの町に出かけてみよう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

そういえば
剛力彩芽は、恐怖新聞の主人公に似ていますね。
これ読んで、ネットで調べて初めて知りました。

下町楽しい思い出で何よりです。
| URL | 2013/10/14/Mon 23:48 [編集]
Re: そういえば
kungfu0807様:いつもコメントありがとうございます!

神出鬼没ですねw ブログは続けて下さいね。
ウォーリック | URL | 2013/10/15/Tue 00:32 [編集]
いやあ、名前出していなかったのに良くわかりましたね。

「ディープなダウンタウン」とは全く関係ありませんが、恐怖新聞は
怖いですね。
私、今から5、6年前に読みましたが、恥ずかしながら
夜読んでいたら、トイレに行くのが怖くなりましたよ。
本当、怖いっすよね。
kungfu0807 | URL | 2013/10/15/Tue 19:28 [編集]
Re: タイトルなし
kungfu0807様:いつもコメントありがとうございます!

>>いやあ、名前出していなかったのに良くわかりましたね。

私の無名時代に来ていただく方は限られていますので。
「恐怖新聞」と並んで、「うしろの百太郎」という作品も怖いですよ。
でもこの方、キャラの描き分けができないため、登場人物が全員剛力顔に
なっています。
ウォーリック | URL | 2013/10/15/Tue 19:58 [編集]
しつこくなりますが、
怖い、怖くないとは変わりますが、
この手の漫画は、今思うと一瞬???となってしまいますね。
霊格だの霊団だの霊障だの辞書に出てこない言葉が多く
勉強になりますね。
エーテル体だのアストラル体だの光の世界だの不思議な言葉が
それとなく出てきますね。

人生勉強っすね。
kungfu0807 | URL | 2013/10/15/Tue 20:35 [編集]
Re: しつこくなりますが、
kungfu0807様:いつもコメントありがとうございます!

おそらく心霊関係の言葉を世に広めた走りかと思いますが、本当に
怖かったです。ご存じかと思いますが、この作者は、つのだ☆ひろのお兄様です。
ウォーリック | URL | 2013/10/15/Tue 23:11 [編集]
しつこいですが
確かに怖かったですね。

今思うと「宇宙連合」やら「霊界結婚」だの意味不明とも思われますが
当時は本当に怖かったです。

ところで、話変わますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%90%E6%80%96%E6%96%B0%E8%81%9E
より抜粋
----start----
エリナ松岡(エリナ まつおか)鬼形礼の前に幾度となく現れる正体、国籍不明で謎の少女。宇宙人の共同体「宇宙連合」との交信を務めるコンタクトマンである。金髪にミニスカートといった外見。突然鬼形の前に現れると、彼に目隠しをしてどこかの山奥に連れて行きそのまま姿を消すなどの行動を取る。本人曰く地球人。

----end----

とありますが、結局、「宇宙連合」ってなんだったかわかりますか?
知らないっかね・・・
kungfu0807 | URL | 2013/10/19/Sat 19:00 [編集]
Re: しつこいですが
kungfu0807様;いつもコメントありがとうございます!

>>「宇宙連合」

色々な団体が別の意味で使っているみたいでよくわかりません。レプテリアンや
ドラコニアンの主権争い等、宇宙関連はコンタクティーがそれぞれ勝手なことを
言っているようです。
ウォーリック | URL | 2013/10/20/Sun 09:27 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。