猫と海辺に暮らす翻訳コーディネーターの阿鼻叫喚な日々を綴る日記。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブ
自宅から車で1時間程走るとハーブガーデンがある。

自治体の町おこしの一環か、はたまた私企業での設立か。いずれにしても
ちょっと疲れたかなと思ったときは、ドライブがてらハーブティーを飲みに
出かける。

ここにはテラスとレストランが併設されていて、農園で栽培されたハーブを
使ったパスタやデザートを提供している。あたりにはなんともいえない香りが
漂い、ハーブガーデンに近づくだけで気持ちがリラックスしていくのが分かる。

私のお気に入りは自家栽培のフレッシュバジルをふんだんに使った
ジェノベーゼにルッコラのサラダ、ローズヒップのハーブティー。さらに
デザートで甜菜糖のプリン。ハーブティーやジャムを扱う売店には、メタボ改善、
お肌ツルツル、ダイエット、高血圧低下等、用途に応じたハーブティーのブレンド
ミックスがあり、それぞれの単一種類に加え、こうしたブレンドも取り揃え
ている。
表参道の「生活の木」や有楽町イトシアの地下にいけば、100gでウン千円の
ハーブが、ここでは大袋で買うことができる。また、ハウス内ではハーブの鉢植え
や苗木も販売している。

私も用途に応じて、風邪の季節にはエキナセア、花粉の季節にはネトル、
眠られぬ夜にはセントジョーンズワート、そしてヒトカラの後には、蜂蜜を入れた
セージティーを飲んでいる。香りを楽しみたいときはカモミールをブレンド
したり、味を変えたいときは、ペパーミントよりも刺激の弱いスペアミントを
足す。また彩りを楽しみたいときはハイビスカスやマリーゴールドを
加えると心からリラックスできる。

以前はここでラベンダーのソフトクリームも売っていて、味覚、臭覚、視覚
の3つを同時に楽しませてくれた。
また、ハーブの原液を使ったアロマオイルも置いてあり、アロマポットや
ディフューザーも扱っている。リラックスしたい人にとって、ここは
まさに香りの楽園。

体調を崩し蕁麻疹が出たり、鼻炎になったりと、何が原因かわからぬ
ままに気分が落ち込んだ時期、これは対症療法ではなく、根本的な体質を
改善しないといけないと考えた挙句の試行錯誤。その結果、なんとなく
落ち着いたところ...それがハーブとの出会いだった。

いちいち茶葉をポットでいれるのは面倒、といわずに、ちょっとお高めの
ガラスポットを新調して、お茶の時間を作ってみてください。日々を丁寧に
生きるほんの一瞬の一手間で、何かが変わることうけあいです。

ポットのお湯の中を自由に舞うハーブの茶葉とゆっくりとにじみ出る
ほのかな色合いを見ているだけで、きっと心が癒されます。部屋中がいい香り
になる上、特に冬は体を温めてくれて、副交感神経を優位にし、身も心も
リラックスできます。

我が家の石鹸は無添加のローズマリーやペパーミント、バスソルトや
ハンドソープもラベンダー、ハンドクリームはカモミールだったりします。
パスタやクリームスープには、乾燥バジルをたっぷりかけて、鶏肉には
庭のローズマリーを使います。

是非一度試していただきたい自然の力です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 阿鼻叫喚 (あびきょうかん). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。